ゴキブリが大量発生する2つの原因と効率的に駆除する3のステップ

ゴキブリが大量発生する2つの原因と効率的に駆除する3のステップ

「夜中のキッチンで小さなゴキブリが5~6匹逃げていくのを目撃してしまった…」「近頃我が家で、毎日のようにゴキブリを目撃するようになった…」「近所の飲食店の裏で、大量のゴキブリを見てしまった…」ゴキブリの出現は、『快適な自宅での時間』を、『ゴキブリに怯える時間』に変えてしまいます。

特に虫が嫌いな方にとって、帰宅が嫌になるほど、大きな問題です。ましてやそのゴキブリが『大量』に出現したら、想像を絶する恐怖ですよね。

「こんなに一度にゴキブリを見るということは、実はたくさん隠れているんじゃないの?」「妊娠中で、衛生面には気を使いたいのに、ゴキブリがたくさんいるのが心配だ…」「実家では、ホウ酸団子で駆除に挑戦したことがあるが、効果はイマイチ…我が家で上手く行くのだろうか…」このように「大量」のゴキブリはさまざまな不安をもたらしてしまいます。

しかし、安心してください。この記事で紹介する通りに、ゴキブリ駆除対策を進めていけば、大量のゴキブリを、『ゼロ』にすることが出来ます。

この記事では、まず大量発生の『原因』を、ゴキブリ駆除が初めての方でも、しっかりと判断できるように説明していきます。そして、『原因』に対して、最も適した『解決策』を紹介するので、あなたのお家に最も適した駆除方法がわかるようになります

『自力駆除』と『業者駆除』についても、そのメリット・デメリットを踏まえて紹介いたします。具体的な駆除方法としては、『大量発生したゴキブリを効率的に駆除する3ステップ』で、手順を追って説明します。そして最後に、自力で行える『ゴキブリ予防策』について解説しています。

この記事を最後まで読んで頂ければ、ゴキブリの大量発生について、原因から解決策、そして予防策まで、全体の流れを掴めるようになります。

『ゴキブリの大量発生』という絶望から、『ゴキブリゼロ』という希望への道のりが、見えてきますよ!

1 ゴキブリが大量発生!!その原因は?

ゴキブリが大量発生する原因は、『幼虫』と『住みやすい環境』の2つがあります。

ゴキブリ大量発生の原因
  1. 幼虫
  2. 住みやすい環境

たくさんのゴキブリに怯えてしまいがちですが、まずはあなたの家が、『どちらの原因か』を突き止めましょう。その原因に対して、『最も適した対策』を実施するのが、ゴキブリを見ないようにする為の『最短ルート』です。

原因1:幼虫の孵化(ふか)

ゴキブリの『幼虫』の孵化(ふか)が、大量発生の原因となっているんです。ゴキブリの産卵は、20~30個の卵がセットになった『卵のパック』を産むんです。そして、パックの中の卵は、『同じタイミング』でかえり、『同じ大きさ』に成長するので、『同じ場所』にたくさん現れるんです。

つまり、実際は『大量発生』している訳ではなく、同時に複数の幼虫が現れたことが原因なんです。国内の一般家庭で、最も多く現れるのは『クロゴキブリ』の幼虫です。

原因2:住みやすい環境

『ゴキブリの住みやすい環境』があると、繁殖にも適した環境なので、どんどん『ゴキブリの数』が増えていきます。

ゴキブリが住みやすい環境の条件
  1. 餌が豊富にある
  2. ジメジメしている
  3. 室温が人間の適温に保たれている

『衛生管理が甘い飲食店』などは、この条件を満たしてしまいがちですよね…。一般のご家庭でも、小さな子供の食べこぼしや、掃除や片付け行き届いていない場合、要注意です。

2 大量のゴキブリを効率的に駆除する3つのステップ

大量のゴキブリを、効率的に駆除するには、『燻煙タイプ』の殺虫剤を使った駆除方法がオススメです。燻煙タイプの殺虫剤は、家の隅々まで殺虫成分を行き渡らせるので、隙間に隠れているゴキブリを、しっかりと殺虫してくれます。

ゴキブリの数を『激減させる』ので、あなたが怯えている『大量のゴキブリとの遭遇』はもう起こりません。『おすすめの燻煙タイプの殺虫剤』を紹介した後、3ステップで駆除方法を解説していきます。

【燻煙タイプ】おすすめの殺虫剤

対応害虫に『ゴキブリ』が含まれている燻煙タイプの殺虫剤であれば、どの商品でも、充分な効果を発揮してくれます。商品の違いよりも、燻煙をすみずみまで行き渡らせる為の『準備』の方が大切なんです。

ただし、大量発生の原因が、『ゴキブリが住みやすい環境』の場合は、『抵抗性ゴキブリ』に、有効な殺虫成分を含んだ商品を使いましょう。

「煙タイプ」は殺虫力が水タイプや霧タイプよりも格段に強い

『煙タイプ』は、強い噴射力と拡散力で煙がすみずみまで行き渡り、駆除効果も水タイプや霧タイプよりも高いです。大量のゴキブリだけでなく、『抵抗性ゴキブリ』にも対応しています。

バルサンシリーズなら『バルサンプロEX』、アースレッドシリーズなら『アースレッドプロ』が該当します。

 

「霧タイプ」は集合住宅や、小さなお子さんがいるご家庭にオススメ

『霧タイプ』は、隣人に気を使いがちな、集合住宅でも、安心して使用できます。煙ではなく霧を使っているので、火災報知器に探知されず、『ニオイ』も残りにくいんです。お子さんや妊婦さんは『ニオイ』に敏感な方が多いですよね。

 

妊婦や子供への燻煙タイプの殺虫剤の影響は?

ご家族に妊婦やお子さんがいると、殺虫剤の影響が心配になりますよね。燻煙タイプの殺虫剤は、正しい用法・用量を守って使えば、人間の体に害を及ぼすことはありません。

そして、『バルサン』の殺虫成分は、哺乳類に対して安全性が高い成分を使用しているので、万が一吸い込んでしまっても、大丈夫です。ただし、以下の仕事は、妊婦さんやお子さん以外が担当しましょう!

  • 燻煙タイプの殺虫剤を始動する
  • 使用後換気の前にお家に入る

また、燻煙タイプの殺虫剤のデメリットとして、駆除の後に『ニオイ』が残ることがあり、妊婦さんやお子さんが気になる場合があります。

そのような場合には、『水ではじめるバルサン』がオススメです。他の燻煙タイプとくらべて、少ない煙で効果を発揮し、ニオイも少なめなんです。

 

ステップ1:殺虫効果を最大化するための準備

殺虫効果を最大化させるために、煙がすみずみまで行き渡るよう準備しましょう!しっかりと準備すれば、ゴキブリの隠れる場所を無くし、逃さず駆除できます。

逆に、準備不足なら煙が行き届かない所が出来てしまい、ゴキブリが残ってしまうんです。この準備で大事なポイントは以下の3つです。

準備のポイント
  • 部屋の数だけ燻煙タイプの殺虫剤を用意する
  • 部屋の扉や収納の扉は全部解放しする
  • 家具と壁との隙間を大きく開ける
準備の手順
  1. 部屋の数だけ殺虫剤を用意
    例:3LDKの家なら、3つの部屋用とLDK用で、合計4個の殺虫剤が必要
  2. 部屋と部屋のトビラ・廊下のトビラ・収納のトビラなど、室内のトビラは全て解放する
  3. タンスなどの家具と壁との隙間を、いつもより大きくする

これらの準備をしっかりと行えば、燻煙殺虫剤の効果を最大限発揮できますよ!これらの準備以外にも、使用する殺虫剤の取扱説明書をよく読み、必要な準備を行いましょうね。

ステップ2:殺虫剤を始動し外出

準備が出来たら、殺虫剤を始動して、ご家族で外出しましょう!あなたが外出している間に、殺虫成分を含んだ煙がモクモクとたちこめ、ゴキブリを駆除してくれるんです。

駆除にかかる時間は、製品により異なりますが、約2~3時間かかるものが多いですよ!

ステップ3:片付けと被害状況の確認

最後に後片付けと被害状況の確認を行いましょう!後片付けをしながら、ゴキブリの死骸を処理していくことで、あなたのお家の被害状況の『答え合わせ』ができます。

「ゴキブリの成虫の死体は殆ど見当たらないが、幼虫の死体がたくさんある」このような場合は、幼虫による大量発生が原因だったことが、わかりますよね。

3 今すぐ実践!自力で出来るゴキブリ予防策

今すぐ自力で実践できるゴキブリ予防策をご紹介します。『ゴキブリが好まない環境』にすることで、ゴキブリを住み着かせません。

ゴキブリが好まない環境とは、『清潔で衛生的な環境』です。清潔で衛生的な環境にするためには、ゴキブリの餌となるものを徹底的に排除していく必要があります。

ゴキブリの餌を無くす方法
  • 食品はすべて、密封されたタッパーや容器にしまい、ゴキブリが触れられないようにする
  • 食べ残しや生ゴミを放置せず密封されたゴミ箱に捨てる
  • 食卓・食器は使用後すぐに片付ける
  • ガスコンロなどの『油汚れ』を定期的に掃除する
  • 掃除機や雑巾掛けもこまめに行う

この予防策が『習慣』となり、あなたのお家が『清潔で衛生的な環境』に保たれれば、ゴキブリはわざわざ住み着きません。そして、『清潔で衛生的な環境』は、他の害虫の発生を抑えることも出来ます。

予防策には環境作りの他に、習性にあわせた季節ごとの対策を加えるとより効果的です。季節別対策については、『活発になる時期に確認!ゴキブリの駆除方法と今後見ないために知っておきたい予防策』で詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

4 ゴキブリ大量発生からゴキブリゼロへ!

ゴキブリゼロを目指すには、『完全駆除』を行い、その後で『予防策』をしっかりと実施する必要があります。『完全駆除』を行う為には、『自力駆除』か『業者駆除』の2つの方法があります。

自力駆除と業者駆除どっちがいいの?

ゴキブリの駆除には、あなたやご家族が自力で行う『自力駆除』と、プロの業者に依頼する『業者駆除』があります。しかし、一概に「こちらが良い!」とは言えません。

あなたやご家族の『予算』『駆除にかけられる時間』『ゴキブリの発生状況』などによってどちらかを選びましょう。以下の表に、メリット・デメリットをまとめています。

駆除方法 メリット デメリット
自力駆除
  • 駆除にかかる費用が抑えられる
  • 市販のグッズを使って、素人でも簡単に駆除できる
  • 大きな手間がかかる
  • 被害が進行していたら、素人では手に負えない場合がある
  • 予防策も自力で行う必要がある
  • ゴキブリやその死体と対面する必要がある
業者駆除
  • 高い技術力完全駆除を行ってくれる
  • 駆除作業の手間がかからない
  • ゴキブリを見る恐れはほとんど無い
  • 契約次第では、『予防策』を行ってくれる
  • 被害が進行していても対処してくれる
  • 駆除費用が比較的高くなる
  • 業者選びの手間がある

手間はかかるがコストを抑えて自力駆除

ゴキブリゼロまで、手間がかかってしまうものの、『コスト』を抑えることができるのが、自力駆除です。あなたやご家族が、ゴキブリ対策にある程度の時間をとって、取り組めるのであれば、オススメできる駆除方法です。

大量発生の原因が『幼虫の孵化』だった場合は、まだ被害が深刻化していない可能性が高いので、『自力駆除』でもゴキブリゼロを目指せますよ。自力駆除の前提条件を踏まえ、さらに以下のチェックポイントを全て満たす場合は、『自力駆除』でゴキブリゼロを目指すことができます。

自力駆除の前提条件とチェックポイント
大量発生の原因が『幼虫』であること。
  • 駆除にかかる費用を安く抑えたい
  • 駆除作業の時間を確保できる
  • 予防作業の時間を確保できる
  • ゴキブリの死体の処理が自力で出来る

チェックポイントを満たし、自力駆除でゴキブリゼロを目指すには、このような道のりになります。

信頼できる技術力!プロにおまかせできる業者駆除

業者駆除は、高い技術力を持った『プロの業者』に、ゴキブリ対策を『丸投げ』することができます。虫が苦手な方や、ゴキブリ対策に時間がとれない方には、強くオススメします!

「たかがゴキブリの駆除を、業者に頼むなんて…」と思われていませんか?『予算』と『業者選び』のデメリットを除けば、業者駆除には多くのメリットがあるんです。以下のチェックリストに、1つでも当てはまれば、業者駆除を依頼するべきです。

業者駆除するべきチェックリスト
  • 被害が進んでいる
  • 対策にかける予算がある
  • 対策をしている時間が無い
  • ゴキブリと対面したくない

また、先ほど説明した、大量発生の原因が『ゴキブリの住みやすい環境』だった場合は、業者駆除を強くオススメします。

被害が進んでいる状況から、『完全駆除』を素人が行うのは、簡単ではありません。しかし、いざ業者駆除を検討していても、『悪徳業者による被害』が心配な方もおられるのではないでしょうか?

しかし、安心してください。これから説明する、『駆除の相場料金』を知っておけば、業者選びの大きな指標になります!

ゴキブリ業者駆除の相場料金

ゴキブリ業者駆除の相場料金は、『戸建て50,000円~60,000円程度』『マンション30,000円程度』です。相場料金に近い『適正料金』で駆除を依頼することができれば、『悪徳業者』の被害に遭う確率をグッと抑えることができます。

そもそも、業者駆除に支払う『料金』の内、ほとんどが駆除の作業を行う『ゴキブリ駆除職人』の『人件費』なんです。あまりに安いと『作業員の人件費が安い』ということになり、作業員の『技術力』が怪しくなってきます。

さらに詳しい間取り別の相場料金やアフター保証については、『驚くほど簡単なのにゴキブリ0を実現!アパートでの最安最強対策法』で解説していますので是非あわせてご確認ください。

まとめ

『ゴキブリの大量発生』について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?あなたのお家で、ゴキブリの大量発生と遭遇してしまったら、まずは落ち着いて『原因』を解明しましょう!

その原因に合わせた解決策を実行することで、効果的に駆除を進められます。

ゴキブリの大量発生の原因には、『幼虫』と『住みやすい環境』の2つがあります。そして対策は、『自力駆除』と『業者駆除』の2つの方法があります。『幼虫』が原因だった場合は、被害状況は深刻ではないので、自力駆除と業者駆除のどちらでも駆除を行うことが出来ます。

あなたの予算や時間、そして虫嫌いかどうかなどを踏まえて、自力駆除か業者駆除を選びましょう。

もう一つの『住みやすい環境』が原因であれば、ゴキブリが大量に住み着いてしまっています。このような場合は、高い技術力をもつ業者に、完全駆除を依頼した方が良いでしょう。実際に自力で行う駆除方法として、『燻煙タイプの殺虫剤』を使用し、効率よく駆除する方法も説明して来ました。そして最後に、ゴキブリを寄せ付けない環境をつくるための、予防策を紹介しました。

この記事を読んで、ゴキブリの大量発生から、原因を突き止め、適切な対策の判断ができるようになって頂ければ幸いです。あなたの状況に合わせた駆除を行い、今後ゴキブリを見ること無く過ごせることを願っております。

クジョカツ厳選のゴキブリ駆除業者を無料で紹介

クジョカツが厳選した「あなたの条件に見合ったオススメのゴキブリ駆除業者」を無料で紹介します。

  • ワンシーズン保証付き!
  • 専門知識で駆除後のアドバイスが無料で受けられる。
  • 夜間、土日も迅速対応可能!

おおよその料金相場は以下の通りです。

マンション:30,000円~
戸建て:40,000円~60,000円

また、クジョカツを通じて行った作業には全て「賠償責任保証」を付けておりますので、作業中に「モノを破損させた」「怪我をしてしまった」などの事故が発生した場合、全て補償します。