コウモリ駆除でお困りの方へ

軒下にコウモリに糞をされないために試しておきたい対策法3選

軒下にコウモリに糞をされないために試しておきたい対策法3選

コウモリに軒下に大量のふんをされている…。軒下に毎晩コウモリが止まっているから怖い…。実は軒下という場所はコウモリにとって絶好の住処の一つです。

一度住み着いてしまうとコウモリは「素敵な寝床!」と感じるようになり、コウモリ一家全員が長く住み着く要因となってしまいます。のんびりしているとコウモリの「恐るべき繁殖力」で一気に完全なる住み家にされてしまいます。

一度住み着いたコウモリを追い出すことは至難なのでコウモリの駆除は業者に頼むと安心です。でも、たかがコウモリにお金はかけたくないので、なるべくお金をかけないで駆除できる方法を知りたいですよね。

そこで今回はなるべくお金をかけないで「軒下にコウモリに糞をされないために試しておきたい対策法3選」をご紹介します。

コウモリの被害に合う前にしっかり対策を行うことで、コウモリが完全にいなくなるようになります。ぜひ最後までお読みください。


1 住み着かれたら追い出すの一択

日本に生息しているコウモリすべては「鳥獣保護法」で守られているためコウモリが住み着いてしまったら、「追い出すこと」しかできません。

「鳥獣の保護及び狩猟の適正化を図り、もって生物の多様性の確保、生活環境の保全及び農林水産業の健全な発展に寄与することを通じて、自然環境の恵沢を享受できる国民生活の確保及び地域社会の健全な発展に資することを目的とする」

 

引用:https://goo.gl/NtqLB7

コウモリは1日に害虫を500匹以上害虫を食べてくれるので「生活環境の保全」となる益獣(えきじゅう)です。それで法律によってしっかりと守られているんですね。

「殺すことはもちろん、捕獲することも禁じられています」ので捕まえて外に捨てることもできません。「行政にばれないように捕まえてしまおう」なんて、間違っても考えないようにしてください。


2 住み着かれやすい家の5つの特徴

  1. 古い日本の家屋
  2. 隙間が多くある
  3. 温かくて人目のつかない場所がある
  4. 雨風をしのげる場所がある
  5. 食料になる虫がいる
  6. 天井裏や屋根裏に侵入しやすい

私たちが身近にみるコウモリは、「アブラコウモリ」という種類で体長はわずか5センチ程度、1センチの隙間があればどこでも侵入することができます。一度そこに住み着いたのなら、あなたが追い払わない限り、ずっと住み続けてしまいます。


3 自力でできる対策法3選

コウモリは業者ではなくても、自分でも追い出すことは可能です。ただし、ここにあげられていることを『ひとつだけ』やっても、『順番を変えても』効果はありませんので注意して下さい。

これからご紹介する3選『すべて』を『順番に』行うことが大きなポイントです。

(1)日中に対策グッズを使って追い出す

コウモリを追い出す時に特にオススメなのが『忌避スプレーを使って追い出すこと』です。

クジョカツ厳選のコウモリ駆除業者を無料で紹介

クジョカツが厳選した「あなたの条件に見合ったオススメのコウモリ駆除業者」を無料で紹介します。

  • ワンシーズン保証付き!
  • 専門知識で駆除後のアドバイスが無料で受けられる。
  • 夜間、土日も迅速対応可能!

おおよその料金相場は以下の通りです。

1箇所防除施工 25,000円~。

また、クジョカツを通じて行った作業には全て「賠償責任保証」を付けておりますので、作業中に「モノを破損させた」「怪我をしてしまった」などの事故が発生した場合、全て補償します。