クマネズミを完全駆除するための優良駆除業者の選び方

非常にやっかい!クマネズミ被害の実態から優良駆除業者の選び方まで徹底解説!

「クマネズミが夜中に天井や屋根裏で暴れまわっていて、うるさくて眠れない…。」あなたもクマネズミの駆除がしたい!早く被害から解放されたい!とお困りではないですか?

クマネズミは人の家に害を及ぼす通称『家ネズミ』3種類の中でも、最も駆除が難しい種類です。

その底知れないほどに高い警戒心と学習能力は、素人では太刀打ちできません。自力駆除で奮闘するよりも早くプロの力を借りてください!

クマネズミを完全駆除できるのは、高い技術力や豊富な駆除経験を持つネズミ駆除専門の優良業者のみです!

そこでこの記事では、クマネズミも完全駆除してくれる最強のオススメ駆除業者を選び出す方法について解説します。最後まで読んだら、すぐに業者選びを実践し、駆除してもらいましょう。

良い業者を選び抜けるので、依頼したその日からネズミに関する一切の不安もストレスもあなたのなかから消え去りますよ!


1 クマネズミが素人駆除にむかない3つの理由

『クマネズミ』は、早い段階で専門の業者に依頼するのが一番であり、素人駆除には不向きな相手です。

何故なら、家ねずみの中でも非常に駆除が難しい種類で、素人が手ぬるい駆除を続けているうちに、被害は取返しの付かないほど甚大になってしまうからです。

実際に、クマネズミの繁殖スピードを考えると、効果のない対策を続けるよりも『プロに短期間で一気に捕獲駆除してもらう』方が安全安心確実なんです。

ですが、なんでクマネズミだけ他のネズミより難しいのか?納得できない!自力駆除は何故ダメなんだ!と思われる方もいらっしゃいますよね。

そこで、クマネズミが素人駆除に向かない3つの理由について、まず解説させていただきますね。

ちなみに、ネズミの種類に関しては『対面なし!接触なし!素人でもネズミを確実に駆除する方法』でも詳しく紹介しているので、合わせてお読みください。

  1. 警戒心が異常に強い
  2. 従来の殺鼠剤が効かない
  3. 学習能力が異常に高い

理由(1)警戒心が異常に強い

家ネズミ3種類とも警戒心は強いのですが、その中でも特に『クマネズミ』は異常なまでの警戒心を持っています。

毒エサを置こうが、罠をしかけようが、ほんのわずかな『違い』を敏感に察知し、安全を確認するまでは不用意に人が仕掛けた駆除器に近付きません。

アース製薬のホームページでも、クマネズミの特徴として、『一番警戒心が強い』事が、記載されています。

【クマネズミ】
クマネズミ

特徴 警戒心が強い
何でも食べる(特に雑穀)
泳ぎが苦手
特技は綱渡り
見分け方 中型
天井にいる、壁伝いで移動、配管を登る
天井や屋根裏で暴れる音がする
家の中に巣がある
動きながら排泄するため、バラバラに落ちていて、細長い。

引用:アース製薬HP より

理由(2)従来の殺鼠剤が効かない

クマネズミは、日々進化した個体が生まれており、それを『スーパーラット』と呼んでいます。

人間の仕掛ける毒エサに含まれる『ワルファリン』という成分に対して、抵抗力を身に付けてしまったんです。

そのため、今まで駆除に使われ現在も市販されるネズミ用の毒エサである殺鼠剤(さっそざい)が、クマネズミは効かないんです!

大手殺虫剤メーカーとイタチごっこ?スーパーラットの恐ろしさ
殺鼠剤を製造する大手殺虫剤メーカーも、「作っては耐性を持たれ、改良すればさらに耐性を持たれ…」とスーパーラットとの攻防戦に悪戦苦闘しています。

大手害虫・害獣駆除メーカーのアース製薬でも、『スーパーラット』の存在を意識して商品を開発していますが、その効果が『絶対』とうたわれた商品はいまだ登場していないんです…。

理由(3)学習能力が異常に高い

クマネズミはの学習能力は他のネズミよりもさらに高く、優れた危機察知能力を有しています。

あなたの家の中でも、ネズミは「どの道を通って」「どこで食料を調達して」と、隅から隅まで『覚えて・考えて』移動しているんです。

そのため駆除しようと思ってしかけた罠も、ネズミからすると「いつもと違うな?」と高い知能・学習能力ですぐに分かってしまい、仕掛けた罠はいとも簡単に回避されてしまいます。

ネズミってそんなに賢いの?
ネズミの高い知能と学習能力は、迷路を使った実験で証明されています。

岩手医科大学は、迷路状のゲージでネズミが間違えずにゴールできるようになるのか実験しました。
すると、回数をかさねるごとに、「道を間違える回数」「ゴールまでかかった時間」が減り、ネズミが迷路の道を学習していることが分かりました。

迷路ケージで飼育されたマウスのランニングタイム及びエラー数は2回 目,3回 目,5回目の試行で著しく減少した。

迷路ケージで飼育されたマウスのランニングタイム及びエラー数は2回 目,3回 目,5回目の試行で著しく減少した。

引用:マウスの学習・記憶を評価するための簡便な多重迷路実験法 

でも、そんなに大変なネズミなら、プロにだって駆除できないのでは…?と不安になりますよね。

ご安心ください。プロは、ありとあらゆる手を使って、必ず完全駆除を達成する技量を持っています。

その証拠に、小笠原西島では根絶に成功している事例もありますよ!

自然環境と生態を知り尽くしたプロによる小笠原西島からの根絶例

小笠原諸島では、クマネズミが『外来種』として問題となっています。
しかし、その小笠原諸島の中の一つ、小笠原西島では、『クマネズミの根絶』に成功しています。

日本の本州と比べて暖かく餌も豊富にあるため、クマネズミが屋外で爆発的に増えてしまっていました。
約2500匹いると推定されていた個体でしたが、プロの力で、わずか2週間後には激減・根絶に成功したんです。

小笠原 クマネズミ根絶に成功

引用:小笠原チャンネル『小笠原 クマネズミ根絶に成功』 

『自然環境を知り尽くしたプロ』による、見事なクマネズミの根絶例ですね。

あなたの家も、プロに任せればクマネズミの完全駆除は可能なんです!


2 優良業者を選ぶ4つの判断基準

自宅のクマネズミ被害を0にしてくれる業者に依頼するためには、『優良業者を選び抜く』必要があります。

残念ながら、「素人同然の駆除作業しかしない」「ボッタクリ料金を取る」などの悪徳業者が存在していますので、業者の質を見極めなければなりません。

難しく感じるかもしれませんが、次の4つの判断基準を参考にしてもらえれば、簡単ですので、実践してみてください!

  1. 作業前の事前調査の精密さチェック
  2. 見積書の作業内容と金額をチェック
  3. 施工後の駆除保証の内容をチェック
  4. 相場費用から大きく外れていないかチェック

基準(1)作業前の事前調査の精密さチェック

優良ネズミ駆除業者は、『作業前の事前調査』で、次の6つのことを全て算出・割り出してしまいます!

  1. ネズミの侵入ルート
  2. クマネズミの個体数
  3. 捕獲するため罠の設置箇所
  4. 侵入防止策の必要な箇所
  5. 糞尿や齧られたことによる二次被害の状況
  6. 総額での見積もり費用

これら6つのことを無料調査の段階でわかっていないなら、腕のある業者とはいえませんので、依頼はやめておくとよいでしょう。

何故ここまで精密な調査が必要なのか、その理由は『見積もりした後に後から追加請求はできない』と優良業者はちゃんと心得ているからです。

基準(2)見積書の作業内容と金額をチェック

無料調査でもらった見積書は、総額金額ではなく、『作業内容』や『金額の内訳』を細かくチェックしましょう。

【作業内容】
例えば「床下に被害が無い」のに、「床下の作業」があればおかしいですよね?
悪質業者は平気でそういった作業内容を追記して必要のない作業やしない作業の費用を請求して来るんです。
よくわからない作業があればどんどん説明して。作業の透明性を求めましょう。
【金額の内訳】
業者に来てもらう以上、駆除には駆除自体に必要な罠や毒エサ、薬剤といった『直接駆除に関係する費用』の他に次のような金額が発生します。
  • 人件費
  • 車両費
  • 作業時の駐車料金
  • 出張料金やガソリン代、高速料金

もし、あなたが自宅の駐車場を貸したのに、駐車料金が組み込まれていたらおかしな話です。
よくよくチェックしましょう。

基準(3)施工後の駆除保証の内容をチェック

施工後に被害が再発した場合の無料駆除保証をつけるのは、優良業者の最低必須条件です。

つけない業者は利用する価値はありません。

保証があることを前提で、その内容をチェックしましょう。

『形だけ』のアフターフォローで、実際の『クマネズミ被害』が無くなっていなければ、意味がありません。

優良ネズミ駆除業者は、ネズミ被害が再発すれば、『ネズミがいなくなるまで』無料もしくは格安で、駆除作業を行ってくれます。

もし保証内容が、「毒餌の再設置」「設置した捕獲器のメンテナンス」だけなら、意味がありません。

必ず完全駆除のための再駆除を無料実施してくれることを確認してください。

基準(4)相場費用から大きく外れていないかチェック

マンションの場合の1室あたりの駆除費用の相場は、約3〜10万円ほど、戸建ての場合の相場は、12万円〜20万円です。

相場価格から大きく外れない業者を利用することでぼったくりや後からの高額追加請求といったトラブルを回避できます。

総額事例ですと、マンション全体の駆除相場は1LDK10部屋で約30万〜50万ほど、一軒家の個人宅の場合は12万円〜20万円ほどが相場費用となります。

費用が変動する条件を知っておこう
どのようなポイントで費用が増減するかを押さえておき、あなたの家で駆除をおこなった場合の、見積もりイメージを掴みましょう!

変動条件には次のようなものがあります。

【建て坪】
建て坪が広い場合は、『駆除費用』があがります。
10坪約35,000円で、10坪ごとに15,000円ずつあがるのが相場です。

【築年数と木造住宅】
築年数が経過した木造住宅であれば、ネズミの侵入経路となる『隙間』が多くなってしまうので、『侵入防止策』の費用が高くなります。

【被害が発生してからの期間の長さ】
被害から駆除までの時間があくほど、屋根裏などどこかで『クマネズミの大家族』が生活し、糞尿で家を汚しています。
そのため、被害に遭っている期間が長いほど『清掃費用』が高くなります。


3 プロに頼んで得られるメリット

プロのネズミ駆除専門業者に依頼すれば、『依頼したその日から、あなたはクマネズミの心配を一切しなくていい』という最大のメリットがあります。

自力駆除では、

  • 自分で罠や毒エサを仕掛ける
  • 駆除用品を自分で仕入れる
  • 失敗するたびに新たな策を考えて一からやり直し

と、負担ばかりで、実際駆除できたとしても、繰り返し購入した駆除グッズ費用の方がプロに頼むより高くついているケースもあります。

依頼すれば、あなたでの作業は一切不要で、責任をもってその業者にあなたの家を守ってもらえ、完全駆除だけでなく次に侵入されないよう素人には難しい侵入経路の全特定と封鎖までやってくれるんです!

プロ、暗視カメラや紫外線ライトなどの『専門の機器』を使って、ネズミの通るルートを徹底的に探し、『豊富な知識と経験』から、クマネズミを捕獲するための罠を設置していきます。

駆除の精度もスピードも、あなたがやるのとは格段に違いますよ!


4 業者が決まるまで自分でやっておきたい応急対策

優良な駆除業者を見つけ、1社に絞って依頼を決めるまでの間、あなたにもできることがあります。

少しでもクマネズミの被害を抑えるために、『少しでも被害を押さえる環境作り』『超音波発生器の設置』で『あなたに出来るコト』をしっかりやって、被害を最小限に抑えましょう!

何もしないでいると次のようなデメリットを被ってしまう危険すらあります。

高い繁殖能力であっという間に増殖!

1年に何度も出産し、いわゆる『ネズミ算式』に数が増えて行き、被害もどんどん拡大してしまいます。
なんと単純に計算すると、オスメス1匹ずつの「つがい」が、1年後には9,400匹、そして3年で3億5千万匹にもなります。

下記は、東大阪市の保健所によるクマネズミの寿命と出産についての表です。

ネズミの寿命と出産

種類 寿命 繁殖期間 妊娠期間 分娩回数/年 出産数/1回
クマネズミ 約3年 生後3か月~2年 20~21日 5~6回 約6匹

単純に計算すると1組のつがいは1年後には約9400匹、3年後には3億5千万匹になりますが、さまざまな理由により、実際に生存している個体は5%以下になるようです。

ネズミの寿命と出産

引用:東大阪市『ネズミについて』 https://goo.gl/zCV5dT

仮に東大阪市も説明している5%だとしても、1年後には約500匹となってしまいます!

フンに含まれる人体に有害な菌で健康被害に!

クマネズミのフンには、「サルモネラ菌」「レプトスピラ菌」「ペスト菌」など様々な『人体に有害な菌』が含まれていて、大変危険です。そして迷惑なことに、習性上、有害な菌を含んだフンを撒き散らしながら、あなたの家の中をウロウロしています。

免疫力の低い幼児さんや高齢者、病気の人は感染してしまうリスクも高くなります。

下記の表は、アース製薬のホームページの、『クマネズミの生態』を説明した箇所からの抜粋です。

糞 動きながら排泄するため、バラバラに落ちていて、細長い。
糞 動きながら排泄するため、バラバラに落ちていて、細長い。

引用:アース製薬HP 

    何もしないで待っているだけでいるのと何かするのとでは、全く違いますよ!

    4-1 少しでも被害を押さえる環境作り

    日頃の生活の中で『整理整頓』『掃除』を徹底するだけで、『ネズミの住みにくい環境』を作ることができます。

    1. ネズミの『食べ物』となる「食品」「ペットフード」「生ゴミ」「食べ残し」などをキレイにして、片付ける
    2. ネズミの『巣作りの材料』となる「紙くず」「布切れ」を片付ける

    この2つが、あなたに今すぐできる『ネズミが嫌がる環境作り』で、この2つを行うだけで、餌の量を減らし、巣作りを阻止できるので、『クマネズミの繁殖』を抑えることも出来ますよ。

    下記は東大阪市の保健所のホームページより抜粋です。

    まず、第一にネズミの住みにくい環境をつくることが重要です。

    1. エサとなる食物を片づける。
      人間の食べ物以外にペットフードや花なども食べます。食べ残し・生ゴミ等は密閉できるものに保管しましょう。
    2. 巣作りの場所や材料となるものを整理し片づけましょう。
      床下、天井裏、押し入れなどに巣を作ります。発見次第、取り除きましょう。
      また、紙くず、布きれは巣の材料になるので整理しましょう。
    3. 出入口をふさぎましょう。
      下水溝や流しの排水溝は金網などでふさぎましょう。また、壁に穴をあけて侵入もしてくるので点検もしっかりしましょう。

    ネズミの習性と駆除方法

    引用:東大阪市HP『ネズミの習性と駆除方法』 

    4-2 超音波発生器の設置

    超音波発生器はあっても損はしませんので1つ買っておいておくとあとあと便利です。

    人間には聞こえない、「キーン」という音が鳴り響いている状態で、大きなストレスを与える事ができるので、警戒したクマネズミはしばらくの間目立った活動を辞めるはずです。

    この超音波発生器は、ネズミだけでなくコウモリなどの害獣やゴキブリ・ハエなどにも効果があると言われていますので、クマネズミ駆除が終わったあとも、『クマネズミをはじめとした害虫害獣対策』に使えます。

    オススメの超音波発生器

    オススメの超音波発生器を2個、ご紹介します。

    安くて簡単に設置でき、数種類の超音波を発生するので、ネズミに慣れさせません。

    (1)二代目 超音波害虫駆除機

    この商品は、コンセントに指すだけで設置でき、1個当たり約1,000円とコストパフォーマンスにすぐれています。
    電磁波と2種類の超音波を断続的に切り替えて発生させているので、ネズミが『聞き慣れない』ように工夫されています。

    (2)超音波ネズミ 害虫駆除機

    コンパクトでコンセントに刺すだけで設置できます。
    1台2,400円と少し高いですが、その分3種類の超音波が設定できるよう搭載されています。
    それぞれ試してみて、あなたの家のクマネズミに一番効果のあるモードを選択できますよ。

     


    まとめ

    クマネズミは素人のできる対策では効果が薄く、プロによる、豊富な経験と知識を屈指した駆除でないと、クマネズミを完全駆除することは出来ません。

    『早い段階で専門の業者に依頼するのが一番』です。

    これで、クマネズミの事はバッチリ理解して、すぐにでも『優良ネズミ駆除業者』を選び始めることができますね!

    『再発しない完全駆除』を業者にしてもらい、『安心してすごせる我が家』を取り戻しましょう!

    クジョカツ厳選のネズミ駆除業者を無料で紹介

    クジョカツが厳選した「あなたの条件に見合ったオススメのネズミ駆除業者」を無料で紹介します。

    • ワンシーズン保証付き!
    • 専門知識で駆除後のアドバイスが無料で受けられる。
    • 夜間、土日も迅速対応可能!

    おおよその料金相場は以下の通りです。

    100,000円~250,000円。

    また、クジョカツを通じて行った作業には全て「賠償責任保証」を付けておりますので、作業中に「モノを破損させた」「怪我をしてしまった」などの事故が発生した場合、全て補償します。