鳩のフンは危険?鳩の糞が媒介する『菌』の正体と対策法

鳩のフンは危険?鳩の糞が媒介する『菌』の正体と対策法

「ベランダに鳩が糞をするので、洗濯物を干すことができない…。」
「糞が臭いし汚いし、何とか鳩を追い出したい!」
「鳩の糞にはどんな『菌』が含まれているのか不安…。」
「子供(赤ちゃん) やペットに影響がないか心配…。」
「鳩の巣に卵やヒナがいて、駆除していいものかわからない…。」

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

鳩は、ベランダの『糞被害』に苛まれているご家庭において、もはや『害鳥(がいちょう)※』と言っても過言ではない鳥です。

※害鳥(がいちょう)…本来は『農林業・水産業などにおいて生産の害となる鳥』のこと

鳩の糞は、数が増えると悪臭が強くなる上、金属の手すりを腐食させる『酸』が含まれているので、ベランダの手すりが金属でできているなら、糞が当たった場所からどんどん錆びていくはずです。

それに、鳩の糞には、我々人間の健康を害する『病原菌』が媒介している可能性が高いため、早い段階で何かしらの『駆除対策』を講じた方がよいでしょう。

続きを読む

鳩のふん掃除の効果を倍増させる「鳩の習性」を利用した対策

もう失敗したくない!絶対によってこないハトのふん害対策法

ベランダや壁、また駐車場の車に、『ハトの糞』が落とされて困ることはありませんか?

掃除しても、掃除しても、毎朝同じ場所に糞をされるかもしれません。
布団や洗濯物が干せなくなるほど、ハトの糞が散乱していることもあります。

また、悪臭が漂ってくるので、「ベランダの窓が開けられない」、という人もいるかもしれません。

せっかくの気持ちの良い天気でも、ハトのせいで窓が開けられなかったら本当に残念ですよね。

でも、それだけではありません。
ハトの糞にはいろいろな『病原菌』がいますので、ほっておくと衛生的に『かなり危険』です。

続きを読む

ベランダのふん掃除はもうイヤ!鳩と確実に“サヨナラ”できる方法

ベランダのふん掃除はもうイヤ!鳩と確実に“サヨナラ”できる方法

『ベランダのハト(鳩)』にお悩みではありませんか?

公園や広場でよく見かける鳩たちは、時に、我々が住むマンションのベランダにもやってきます。

一番困るのは「フン(糞)害」ですよね?ベランダで“羽休め”するだけならまだしも、ウンチされるのを黙って見守ることなんてできません。

鳩がベランダに住み着いたら、その日から“鳩と人間の静かな戦い”が始まります。

私たちがどんなに糞を掃除しても、忌避(きひ)※剤や忌避スプレーを使っても、ほとんど意味はありません。

※忌避(きひ)…嫌って避けること

鳩は飄々と舞い降りてきて、「フンッ♪」といった感じで糞を落としていきます。

こんな風に、人間と鳩との“戦い”は『鳩優位』で進んでしまうことが多いんですよね。

さらには、旦那さんが鳩退治(?)に協力的でなかったり、単身赴任で自宅にいない場合、私たち女性だけが、毎日鳩の糞に振り回されることになってしまいます。

しかし、ご安心ください。
今回の記事では、筆者が実践して成功した『鳩を完全に追い出すベランダ改造法』を紹介します。

続きを読む

駆除・消毒を依頼したら○○円?イタチ駆除にかかる『料金』のしくみ

駆除・消毒を依頼したら○○円?イタチ駆除にかかる『料金』のしくみ

屋根裏(天井裏)で『コトコト』『カリカリ』『ドタドタ』といった“何かが活動しているような音”が聞こえたら、屋根裏には『ハクビシン』や『イタチ』『ネズミ』といった“野生動物”が住み着いているはずです。

どんなに大手で、有名な住宅メーカーが建設した家であっても、野生動物はそこに隙間さえあれば、屋内に難なく侵入してきます。

屋根裏にある、フカフカの『断熱材』は、野生動物にとって非常に都合のよい『巣の材料』となってしまうんです。

瓦屋根をはがして中を見る勇気もないし、かといって、身体の大きな主人に、狭い屋根裏の駆除や清掃をお願いするのも気がひけるもの…。

筆者の夫も『大男』なので、あなたのお気持ちはわかります。

ご自身や、お子さんにアレルギーがある場合には、動物による『健康への影響』も心配ですよね。

屋根裏の動物を、業者に駆除してもらうのか?
自分たちで駆除するのか?

これは、野生動物を駆除したことがない方にとって、大変悩ましい問題です。

まず、業者にどのくらいの『料金』を請求されるのかわかりませんし、かといって、自力で駆除する場合には、かなりの『勇気』が必要ですからね。

しかし、いつまでも悩んでいたなら、時間はあっという間に過ぎていきます。

「駆除業者に駆除や清掃を依頼するか?」
「自力で駆除するか?」
「駆除業者に駆除を依頼したら、料金は一体いくらかかる?」

このように迷っているなら、今回の記事をぜひ最後までご覧ください。

続きを読む

費用を限界まで節約!自分でできるイタチ駆除方法3選

費用を限界まで節約!自分でできるイタチ駆除方法3選

「イタチを追い出したい。でも費用はかけたくない…」

時折、このような願いを持って、害虫(害獣)駆除専門ライターである筆者のもとに訪れてくる友人や知人がいます。

Tさんはそんな節約家の1人でした。
Tさんの家は古い家ですが、大きな二階建てです。

ある晩、天井裏でコトコトと小動物が走り回る音で目が覚めました。

「なんかコワイ…」
ふと隣に目をやると、奥さんや子供さんはすでに目が覚めていたようです。

天井裏から動物が襲い掛かってくるわけではないのはわかっていましたが、どこからか聞こえてくるその音は「不気味」でした。

それから毎晩のように、小動物が走り回る音が聞こえてきます。
たまらずTさんは、駆除業者に依頼しました。

小動物の正体は「イタチ」だったようです。
駆除業者は費用を見積もってもらうと、その額は「20万円」でした。

「そんなお金どこにあるっていうんだよ!」
その日から、Tさんは家族のためにイタチ捕獲作戦を始めたのでした…。

続きを読む

イタチはバルサンで駆除できる?屋根裏の野生動物を追い出す方法

イタチはバルサンで駆除できる?屋根裏の野生動物を追い出す方法

『イタチ』という文字を見ると、あなたはどんな『動物の姿』が思い浮かびますか?

『イタチ』というキーワードを、WEBで画像検索してみると、そこには、とても愛らしい顔をした小動物の写真が何枚も見つかるはずです。

しかし、イタチはそんなカワイイ外見に反して、我々人間の生活を『脅かしうる』危険な野生動物なんです。

イタチがもし、我々人間の家に住み着いてしまったら、屋根裏で『大運動会(動き回る)』を始めます。

それはもう、夜も眠れないほど不快な『騒音』です。

しかし、私たち人間が、イタチの駆除を願い、軽い気持ちで『イタチが嫌いなハーブ』でも置いた日には、興奮したイタチがさらに暴れて、今までよりも大きな騒音が起こることもあるんです…。

続きを読む

絶対にぼったくりは回避したい!失敗しないイタチ駆除業者の選び方

絶対にぼったくりは回避したい!失敗しないイタチ駆除業者の選び方

屋根裏や天井裏で、カタカタと音がすることはありませんか?

コウモリなら足音がするはずはないし、ネズミにしては音が大きい…
もしかしたら、その音の正体は「鼬(いたち)」かもしれません。

たかがカタカタされどカタカタ、、、

この音が毎晩続くと、かなり精神的にもやられてきます。睡眠が妨害されるかもしれません。

起きて電気をつけて、「さてイタチを捕獲しよう!」としてもイタチは部屋の中にいるわけではないので、一筋縄ではいきません。

うろたえて家の中をウロウロしていたら、近所迷惑にもなります。
※ちなみにイタチを無許可で捕獲するのは「鳥獣保護法」違反です。

もしイタチが家の中に侵入しているのなら、できれば自分で撃退したいと思いますよね。
もしあなたが男性だったとしたら、なお更そうかもしれません。

ネットを調べると、イタチ撃退グッズがいろいろありますが、それは本当に効果があるのでしょうか?

続きを読む

これだけは抑えておきたい!コウモリの生態と生活への影響

これだけは抑えておきたい!コウモリの生態と生活への影響

「突然部屋にコウモリが入ってきた」という経験はありませんか?

私の友人が、そうでした。
それは私の友人にとって久しぶりの旅行でした。

害虫(害獣)駆除専用のライターである筆者が、家にいることが多いことを知っている友人は、飼っている猫を私に預け、意気揚々と旅行に出かけていきました。

「最高の旅行だったよ!」

旅行から帰って、私の家に猫を引き取りに来た友人はそう言い残したまま、満足げに自分の家に帰っていきました。

しばらくすると友人から電話がかかってきました。

続きを読む

コウモリ?鳴き声がうるさいと感じた時に知っておきたい対策法

コウモリ?鳴き声がうるさいと感じた時に知っておきたい対策法

あなたは『コウモリの鳴き声』を耳にしたことがありますか?

遠くで「キーキー」と聞こえる程度であればいいですが、それが寝室の窓の外から、それも毎晩『大音量』で聞こえてくる場合、私たち人間に「悪影響はないのかな?」と心配になりますよね。

先日、京都に住んでいる妹から、こんな電話がありました。

続きを読む

磁石が有効?業者に頼む前にやっておきたいコウモリ対策

磁石が有効?業者に頼む前にやっておきたいコウモリ対策

もしも『屋根裏や天井裏』に“こうもり”が住み着いてしまったら、あなたならどうしますか?

どんなに新しいお家でも、屋根裏につながる『通気口』や『隙間』が野生のコウモリに見つかれば、いとも簡単に『野生コウモリの住処(すみか)』にされてしまいます。

我々女性陣が、屋根裏という狭いスペースで、なおかつ薄暗い室内の中で1人、野生コウモリに立ち向かうのは、ものすごく過酷です。

お子さんが成人して実家を出ているなら、頼れるのは『長年寄り添ってきた夫』だけ。

しかし、もしも夫が協力してくれない場合、私たちは自分一人で“ベストな選択”をしなくてはなりません。

続きを読む

専門スタッフによる相談窓口
※2営業日以内に返信します。
専門スタッフの相談窓口
※2営業日以内に返信します。
専門スタッフによる相談窓口
※2営業日以内に返信します。
専門スタッフの相談窓口
※2営業日以内に返信します。