蜂駆除でお困りの方へ

スズメバチの巣は初期に叩け!巣が巨大化する前に駆除する方法

スズメバチの初期の巣

ああっ!あれ、蜂が巣を作ろうとしてる!一匹の女王蜂が、せっせとあなたの家に巣作りを始めているところを見かけたら、「もうそんな季節か…」なんて、悠長なことをいっている場合ではありません。

巣が大きく成長し、本当に自宅の蜂被害に困るようになってしまうと、スズメバチの巣は素人の手には負えません。

しかし初期の作り始めの巣なら、素人でも安全に駆除ができます!ただしその巣が初期段階の巣かどうかは、しっかりと見極め、油断せずに望むことが大切です。

本記事では、スズメバチの巣を初期のものかどうか見極め、安全に駆除する方法を徹底解説します!わかりやすくお伝えしますので、ぜひ取り組んでみてください!


1 スズメバチの巣が初期かどうかの見分け方

1-1 見た目:シャワーヘッド型かフラスコ型

以下の画像にあるような、『シャワーヘッド型』や『フラスコ型』の巣は、女王蜂と数匹の働き蜂しかいないので、『初期段階の巣」と判断できます。

シャワーヘッド型
キイロスズメバチの初期の巣
フラスコ型
コガタスズメバチの初期の巣

1-2 時期:4月~5月初旬

キイロスズメバチの生態サイクル

上記図のように、4~5月にかけては卵が羽化していないので、『初期段階の巣」と判断できます。

注意点
初期の巣を見つけた場合でも、次の条件の場所に巣がある場合は作業の難易度が高すぎるので自力駆除はやめておきましょう。

  • 巣が床下にある
  • 巣が天井裏にある
  • 巣が脚立など使用しなければ届かないかなりの高所にある
  • 巣が、密閉空間で駆除時に避難しにくい狭い場所にある
  • 巣は壁の中にある


2 初期段階のスズメバチの巣を駆除する5つのステップ

『刺されることなく駆除できる初期の巣』の条件を満たしていたなら、次の5ステップでさっさと駆除してしまいましょう。

時間が経つほど巣が成長しますので、決行日は早く決めてください!

【ステップ1】準備物を用意

準備物を用意

  1. 露出しない服装(長袖長ズボン、軍手や手袋、眼鏡や帽子など)
  2. 赤色のセロハンをはった懐中電灯
  3. ゴミ袋、ほうき、ちりとり

【ステップ2】22時以降に駆除スタート

22時以降に駆除スタート

スズメバチのほとんどが、夜間に活動を休止するため、駆除は夜22時以降にスタートしましょう。

※赤色セロハンの懐中電灯は、夜間作業の闇夜を照らす際、光を蜂に識別されにくいとされる赤色に変えることで、蜂を寄せ付けてしまう危険性を抑えることができます。

【ステップ3】巣から直線距離3mの位置からスプレー噴射

巣から直線距離3mの位置からスプレー噴射

  1. 懐中電灯で巣を照らしながら、スプレーを1本使い切るまで、3mの距離からスプレー噴射します
  2. 2本目のスプレーを取り出します
  3. 距離を縮めながらスプレーを続け、最短2mの距離まで近付きます

【ステップ4】巣と死骸の撤去と片付け

巣と死骸の撤去と片付け

  1. 飛び出してくる蜂がいなくなったらほうきで突いて巣を落とします
  2. 落とした巣と落ちて死んだ蜂の死骸はホウキとちりとりで片付けゴミ袋に入れます

【ステップ5】寄せ付けないよう再度スプレー

寄せ付けないよう再度スプレー

  1. 巣があった場所に万が一殺虫し損ねて逃げた蜂がいた場合、蜂が戻ってきてしまいます
  2. 再度巣を作られないように、1平方メートルあたり10秒間を目安に殺虫スプレーを壁など、巣を作られた場所にスプレーして寄せ付けない対策をします

より詳しいスズメバチの駆除については、『スズメバチの巣は自力駆除できる!プロも実践している駆除方法のすべて』で詳しく解説しています。あわせてご確認ください!


3 初期段階でやっておくと効果的な予防策

初期段階の巣の駆除が終わったら、『おとり(フェイクネスト)』を設置して予防しましょう。

スズメバチは縄張り意識が非常に強いので、すでに巣のある場所には巣を作ろうとはしません。

その習性を利用することで、非常に高い予防効果を得ることが可能です!

実際の作成方法から設置イメージなど動画で解説していますので合わせてご確認ください。

【蜂予防に必須のおとり巣(フェイクネスト)の作り方と設置例】

YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=YIvlvc5X_8A


4 自力対策での注意点

オオスズメバチとモンスズメバチは、自力対策はオススメできません。

初期の安く駆除依頼のできる段階でプロに依頼してしまうほうがいいといえます。

  • オオスズメバチは、凶暴性攻撃性ともに非常に高く、マンダラトキシンという強い神経毒を持っているため、素人駆除はリスクが高すぎる
  • モンスズメバチは、夜間にも活動をするため、他の種類のスズメバチと同じように夜間なら活動状況が休止しているから奇襲を仕掛けられる、という手段が通用しない
  • オオスズメバチ・モンスズメバチの巣は、かなりの閉鎖空間にあり、巣の全体像が見えにくく、作業難易度も高い

5 まとめ

スズメバチの初期段階にある巣の対処についてお伝えしました。いかがでしたか?

『時期は4月~5月初旬』『巣の形はシャワーヘッド型かフラスコ型』という明確な判断基準から、その巣が初期かどうかを見極めましょう。

スズメバチは強い毒性を持つ危険な種類の蜂です。

家に巣を作っているのが『スズメバチなのか』『スズメバチの中でも何の種類なのか』について、一度専門家に無料調査を頼んでみるのも手段です。場合によっては、プロに依頼する方が賢い選択の場合もあります。

プロには1シーズン保証があり、かつ初期段階の巣はシーズン中に比べて安く駆除してもらえるので、業者にお金を支払って対応してもらっても、支払った金額以上のメリットを手にすることも可能です!

業者駆除のメリットについては、『スズメバチ駆除を安心して依頼できるオススメの蜂駆除業者5選』でも詳しく解説していますので、ぜひ合わせてご覧くださいね。本記事が、スズメバチの巣に悩むあなたの力になることを願っています。

クジョカツ厳選の蜂駆除業者を無料で紹介

クジョカツが厳選した「あなたの条件に見合ったオススメの蜂駆除業者」を無料で紹介します。

  • ワンシーズン保証付き!
  • 専門知識で駆除後のアドバイスが無料で受けられる。
  • 夜間、土日も迅速対応可能!

おおよその料金は以下の通りです。

スズメバチ…25,000円~
アシナガバチ…16,000円~
ミツバチ…要見積り

※高所作業などは別途お見積りいたします。

また、クジョカツを通じて行った作業には全て「賠償責任保証」を付けておりますので、作業中に「モノを破損させた」「怪我をしてしまった」などの事故が発生した場合、全て補償します。