屋根裏のねずみ駆除に揃えておきたいグッズと確実な駆除方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
早く、確実に!屋根裏のねずみを駆除する方法

「屋根裏のねずみを早く駆除したい!」
「ねずみと対面することなく追い出したい!」
「でも、出来るだけ費用を抑えたい、、、」

我が家の屋根裏にねずみが出没したら、誰もがこう考えますよね。

でも、一方でこんな不安もあるかもしれません。

「費用を抑えたら、効果が表れなくなってしまわないだろうか…」

でも、心配はいりません!

ここで紹介する通りのねずみ対策をすれば、あなたでも安くそして確実にねずみを追い出すことができますよ。

この記事では、屋根裏のねずみ駆除の最も効果的な方法と便利グッズを紹介しますので、あなたの心的負担は確実に軽減されます。

また、自力駆除に抵抗を感じる場合のために、駆除業者の依頼料金も案内します。

私は、害虫(害獣)駆除専門ライターという仕事をしているので、よくねずみ駆除の相談をされます。

最近は、ネットでいろいろな情報がありますので「〇〇の便利グッズは、効果がないと聞いた」と言われる場合も少なくありません。

そんな時には、正しい便利グッズの正しい使い方をオススメしています。

その結果は
「屋根裏からねずみの足音が一切聞こえなくなった」
「ねずみと対面することなく追い出すことができた」

と好評です。

もちろん、その対策方法は全てこの記事で説明します。

今回は、「屋根裏にいるねずみ」に最も効果のあるグッズを紹介し、その効果的な使い方を解説します。

また業者の駆除費用に料金の相場も紹介しますので、適正価格で依頼できるようになります。

あなたも家族も、もう屋根裏のねずみに悩まされることがなくなります。

それだけではありません。

今後ねずみの被害に遭っても、悩むことがない適切な対策方法が身につきます。

ぜひ、最後までお読みくださいね。

目次

屋根裏のねずみは、殺さずに「追い出す」のが鉄則

屋根裏のねずみは、殺さずに「追い出す」のが鉄則
屋根裏のねずみは、出来るだけ殺さずに「追い出す」のが鉄則です。

「追い出す駆除」は、ねずみを探し、殺す必要がありません。

普段行くことのない屋根裏に入ってねずみを探し、殺すのはとても難しいんです。

殺す駆除は仮に成功しても屋根裏のねずみの場合、二次被害の危険がある

殺す駆除は仮に成功しても屋根裏のねずみの場合、二次被害の危険がある
殺す駆除は仮に成功しても屋根裏のねずみの場合、すぐに死体の処理をしないと二次被害の危険があります。

ねずみが死ぬことによって、寄生していた大量のイエダニが、あなたの部屋になだれ込んでくることがあります。

現に東京都中野区役所は、次のように警告しています。

イエダニはねずみの外部寄生虫で、気温が上昇する初夏から初秋にかけてねずみの巣内で大量に発生したり、ねずみが死んだりした時に、巣から離れて人を刺すことがあります。

イエダニはねずみの外部寄生虫で、気温が上昇する初夏から初秋にかけてねずみの巣内で大量に発生したり、ねずみが死んだりした時に、巣から離れて人を刺すことがあります。

中野区公式ホームページ「ねずみの被害にごチュー意を(身近な生活衛生情報)」より引用
https://goo.gl/DWMTkx

ねずみを殺すまでの確認が難しく、手間がかかる

屋根裏のねずみ駆除の場合は、殺すまでの確認が難しい上、かなりの手間がかかってしまいます。

殺す駆除グッズの中には、「殺鼠剤(さっそざい)」「粘着シート」「捕獲器」などがありますが、屋根裏に駆除グッズを仕掛けると、駆除完了までに、何度も狭い屋根裏へあがって駆除状況の確認が必要になり、手間がかかるんです。

ねずみを殺す駆除グッズ 設置した後の処理
殺鼠剤 ねずみの死体を見つけるのが難しい
粘着シート ねずみが罠にかかったかどうか定期的に屋根裏に行かなければならない。
捕獲器 ねずみが罠にかかったかどうか定期的に屋根裏に行かなければならない。
罠にかかってすぐに死ぬこともあるので頻繁に罠の確認にいかないと二次被害が起きる。

プロでもかなりの手間をかけるため、素人が行うと更に手間がかかってしまうでしょう。

ダブルアタックで屋根裏のねずみは殺さなくても完全駆除できる

ダブルアタックで屋根裏のねずみは殺さなくても完全駆除できる
しかし、屋根裏のねずみは殺さなくても「ダブルアタック」で完全に駆除することができます。

「ダブルアタックで追い出し」たあと、「再び入らせないようにする」ので完全駆除といえます。

※駆除とは、殺すことではなく害を与えるものを追い払うこと。

ダブルアタックとは、「ねずみを弱らせ」、弱ったところに「追い打ちをかける」という2点です。

詳しく、説明していきますね。

ねずみを飢餓状態にさせて弱らせる

まず、ねずみを飢餓(きが)状態にさせて弱らせましょう。

飢餓状態にすれば、ねずみのほうから「この家を出たい…」と思うようになります。
※戦国時代で例えるなら「兵糧攻め」というやつです。

兵糧攻め
敵の食糧補給路を断ち、兵糧を欠乏させることによって打ち負かす攻め方。食(じき)攻め。

引用:コトバンク「兵糧攻め」より抜粋 https://goo.gl/brqpuU

飢餓状態にするというと難しく感じるかもしれませんが、実は、とても『簡単』です。

あなたの家に、餌となるものがなければねずみはすぐに飢餓状態になります。

ねずみは活動時間のほとんどを捕食に費やしている動物

ねずみは、活動時間のほとんどを「捕食」に費やしている動物です。

なぜなら常に食べ続けていないと、ねずみは弱って死んでしまうんです。

東京都福祉保健局は、「温度によって異なるが、寒いと1日以内、暖かいと4~5日で餓死する。」と説明しています。
温度によって異なるが、寒いと1日以内、暖かいと4~5日で餓死する。

引用URL:東京都福祉局「行政担当者のためのねずみについてよくある質問&回答集」より
https://goo.gl/2eigpX

弱ったところを便利グッズで追い打ちをかける

ねずみを飢餓状態にさせて弱ったら、便利グッズで追い打ちをかけましょう。

つまり、自分の巣の周りに「食べる物がなくて弱っている」ところに、便利グッズで「不快に感じ」させるのです。

こんな家には、すぐに出ていきたいと思うようになりますよね。

「屋根裏からねずみを追い出す」の部分で、ねずみを不快に感じさせる『2つの便利グッズ』とその『使い方』を紹介します。

ねずみ対策はスピードが命

ねずみ対策はスピードが命
ねずみ対策は、「スピード」が命です。

対策にもたもたして時間がかかってしまうと、ねずみは対策に「慣れて」しまい同じ方法では駆除効果が薄くなってしまいます。

このように一般的なねずみ対策に慣れてしまうねずみは、「スーパラット」と呼ばれて、プロの駆除業者でさえ頭を抱えているほど厄介です。

それで普通のネズミがスーパラットになる前に、素早く徹底的に駆除することが大切です。

ねずみは繁殖能力が非常に高い

ねずみは「繁殖能力が非常に高い」というのも、駆除にスピードが大切な理由のひとつです。

つまり駆除のスピードが遅くなればそれだけ、たくさんのねずみを追い出さなければならなくなります。

東京都福祉局は、ねずみの繁殖力について次のように説明しています。

「一般にねずみの繁殖力は強く、生後3か月から出産し、条件が良ければ年に6~7回分娩し、1回に6~10匹程度の仔を生む。算術的には一つがいが1年で9434匹に増加する。」

一般にねずみの繁殖力は強く、生後3か月から出産し、条件が良ければ年に6~7回分娩し、1回に6~10匹程度の仔を生む。算術的には一つがいが1年で9434匹に増加する。

引用URL:東京都福祉局「行政担当者のためのねずみについてよくある質問&回答集」より
https://goo.gl/qpj9ZR

同局によりますと、実際には餌の量や巣の場所、仲間同士で殺し合いのけんかなどがありますので、1年で9000匹以上になることはありませんが、「驚異的なスピードで増えていく」というのは否定のできない事実です。

仮に、1/100の増加スピードだったとしても、一年後にはあなたの家に『94匹』のねずみが走り回っていることになります。

…ゾッとしますよね。

なので、ネズミがいるとわかったらすぐに対策を始めましょう。

安価で効果の少ない便利グッズをいくつも買うのは損

安価で効果の少ない便利グッズをいくつも買うのは損
安価で効果の少ない便利グッズをいくつも買うのは、『損』になります。

いくら安くても、効果が少なければ買い続けなければならなくなるのでその便利グッズはもはや「お得」ではありません。

むしろ、「多少高くても効果があるとはっきりわかるものを買う」方が、時間的に見ても経済的に見ても「得」です。

比較的安価で買える、「殺鼠剤」「粘着シート」「忌避スプレー」の見逃してはいけないデメリットを紹介します。

食べさせる殺鼠剤は食べ続けてくれないことがある

食べさせる殺鼠剤は、「食べ続けてくれない」ことがあるということを忘れてはいけません。

ねずみは、学習能力がとても高い生き物です。

殺鼠剤の症状が出る前に体の異変に気付き、学習して再び殺鼠剤を食べなくなり、症状も改善されてしまいます。

ねずみ用粘着シートはただ設置するだけでは効力が薄い

ねずみ用粘着シートは、「ただ設置するだけでは効力が薄い」ということを覚えておきましょう。

ねずみは警戒心が強く運動神経が高いので、「粘着シート」に気づいたらそれを避けて通ったり、やすやすと飛び越えてしまったりします。

粘着シートの効力を高めるためには、まず「ねずみが普段どこを通っているか」という通り道を把握しなければなりません。

そして、その通り道に粘着シートを隙間なくびっしり設置する必要があります。

1、2歩では動けなくなるほど粘着しない

粘着シートは、1,2歩では動けなくなるほど粘着するわけではありません。

ネズミの足には、「ほこり」や「油汚れ」がたくさんついていますので、1枚の粘着シートの上を通ったとしても、うまくくっつかずに逃げられてしまいます。

ねずみが普段「屋根裏のどこを歩いているか」を把握し、「ピンポイントで何枚もの粘着シートの上に通らせるように配置する」には、素人ではなかなか難しいかもしれません。

忌避スプレーは飼っているペットに悪影響

忌避スプレーは、飼っているペットに悪影響を及ぼすことがあります。

人体への影響はあまりないように作られていますが、人間より嗅覚が優れているペットは、それだけ強い影響力を受けてしまいます。

そのため、大抵忌避スプレーにはペットに関する注意書きがあります。

忌避スプレーねずみZ

ペットや植物にかからないよう注意して下さい。

参照URL:「忌避スプレーねずみZ 480ml: SHIMADA」より
https://goo.gl/kLK8Wp

猫を使ったねずみ駆除はやめておくのが賢明

猫を使ったねずみ駆除はやめておくのが賢明
猫を使ったねずみ駆除は、やめておくのが賢明です。

猫を使った駆除は、「危険」で「効果も低い」からです。

猫はねずみを「捕食する意志が低く」、「最近の家の構造」はねずみを捕まえにくなっていますし、ねずみには危険な「菌」がたくさんついています。

ひとつひとつ、解説しますね。

なかなか捕食してくれない

マンガやアニメなどでも猫がねずみを追い回すのは定番ですが、実際猫はあまりねずみを捕食してくれません。

ねずみ以外のおいしい食べ物が、簡単に手に入るからです。

アメリカの科学論文誌PLoS ONEには、都市部における野良猫とねずみの捕食について調査した後次のような結論をしています。(訳文は筆者による)

Perturbations removed an average but had no negative long-term impact on the size of the rat population.

(猫)は、平均してねずみを減らすことはなく、長期的にみてねずみの群れの大きさを減らすという影響はなかった。

参照URL:Trophic Garnishes: Cat–Rat Interactions in an Urban Environment「栄養の付加:猫とねずみの都市環境における相互作用」2009年6月3日より。

このように都市部では、猫の餌が豊富なのでねずみを餌としてとらなくなります。

あなたの家の屋根裏でも、同じことがいえるでしょう

今の家の構造では猫がねずみを追える範囲も限られている

仮に、猫がねずみを捕まえる気になったとしても、今の家の構造では「猫がねずみを追える範囲」も限られているのでなかなか捕まえることができません。

特に天井裏や屋根裏では、ねずみが入れて猫が入れない「小さな隙間」がたくさんあります。

ねずみは、わずか1.5~3cmの隙間を通ることができます。

一方10cm以下の隙間を通れる猫はあまりいませんし、通れるサイズの猫は小さすぎてねずみの狩猟には不向きです。

ねずみは菌の塊

仮に、猫がねずみを捕まえることができたとしても、「ねずみは菌の塊である」という事実を忘れてはいけません。

ねずみは、下水やドブを通り、ゴミ箱などを漁る、「野生動物の中でもかなり汚い動物」の部類に入ります。

例えば、ねずみが持っているとされるエキノコックス症という感染症について、厚生労働省は次のように述べています。

体内に発生した嚢胞は緩慢に増大し、周囲の臓器を圧迫する。多包虫病巣の拡大は極めてゆっくりで、肝臓の腫大、腹痛、黄疸、貧血、発熱や腹水貯留などの初期症状が現れるまで、成人では通常10年以上を要する。放置すると約半年で腹水が貯留し、やがて死に至る。

厚生労働省はさらに、「犬も(当然猫も)感染した野ねずみを食べて感染する」と警告しています。

犬も(当然猫も)感染した野ねずみを食べて感染する

参照URL:厚生労働省「エキノコックス症について」
https://goo.gl/KdtDqU

屋根裏のねずみ駆除に効果のあるグッズ

屋根裏のねずみ駆除に効果のあるグッズ
屋根裏のねずみ駆除に効果のあるグッズは、「超音波発生器」と「LED式撃退器」です。

これらグッズは、「狭いところでも簡単に設置」でき、「一度取り付けたら効果がしばらく持続」しますので、屋根裏のねずみに適しています。

超音波発生器

超音波発生器とは、人間が聞こえないレベルでねずみが不快に感じる『音』を発生させる器械です。

人間とねずみとでは、「聞こえる周波数」が違います。

人間が聞こえる周波数は20hz(ヘルツ)~20khz(キロヘルツ)ですが、超音波発生器は20khz以上の周波数を使っています。

なので、あなたには「全く」聞こえませんが、ねずみは「キーン」という耳をつんざくような音が絶えず響き渡ることになります。

超音波発生器が屋根裏のねずみ駆除に効果的な理由

屋根裏のねずみの駆除に、「超音波発生器」が効果的なのは「設置するだけで、後の処理が必要ではない」からです。

一度設置すれば、基本的には半永久的に使うことができるので、何度も狭い屋根裏に昇る必要はありません。

便利グッズ 設置後にするべきこと 怠った場合の予想される二次被害
殺鼠剤 ねずみの死体を探し、回収しなければならない。 ねずみの死体が腐って、悪臭を放ち、菌や寄生虫が散乱する。
粘着シート ねずみが捕まっているかを定期的に確認し、捕まっていたら回収しなければならない。 ねずみの死体が腐って、悪臭を放ち、菌や寄生虫が散乱する。
捕獲器 ねずみが捕獲されているかを定期的に確認し、捕まっていたら回収しなければならない。 ねずみの死体が腐って、悪臭を放ち、菌や寄生虫が散乱する。
忌避剤 効き目が切れたら再び忌避剤を使わなければならない。 効果がなくなる。
超音波発生器 一度設置するだけでOK 二次被害なし。

特におすすめの製品

超音波発生器の中で、屋根裏のねずみに特におすすめの製品をご紹介します。

以下の商品は、「ねずみが周波数に慣れてしまわない」ように、定期的に周波数を変えるなどの工夫がされています。

強化版 二代目 超音波害虫駆除機
強化版 二代目 超音波害虫駆除機

https://goo.gl/TRoYe3
※ページをクリックするとYahooショッピングサイトにジャンプします。

商品名 強化版 二代目 超音波害虫駆除機
数量 3個入り
値段 2,930円(税込)

超音波ねずみ 害虫駆除機 360°シャットアウト
超音波ねずみ 害虫駆除機 360°シャットアウト

https://goo.gl/zRkoYt
※ページをクリックするとYahooショッピングサイトにジャンプします。

商品名 超音波ねずみ 害虫駆除機 360°シャットアウト
数量 1個入り
値段 2,400円(税込)

超音波式 ねずみよけ ねずみガード
超音波式 ねずみよけ ねずみガード

https://goo.gl/r1TL41
※クリックするとamazonのサイトが別ページで開きます。

商品名 超音波式 ねずみよけ ねずみガード
数量 1個、2個、3個(まとめて買うと安くなります)
値段 12,800円、19,800円、24,800円(税込)

LED式撃退器

LED式撃退機は、LEDの赤と緑の光を発生させる器械です。

ねずみはLEDの光を嫌いますが、とりわけ刺激が強い赤と緑があると「恐怖」を感じ、その場にいられなくなります。

LED式撃退機が屋根裏のねずみ駆除に効果的な理由

LED式撃退機が、屋根裏のねずみ駆除に効果的なのは、小さくてどこでも置けるからです。

屋根裏は複雑な設計になっていることも多いため、簡単に設置できることは、早期駆除や駆除作業への心的負担軽減にもつながります。

どの便利グッズにもいえることですが、「設置する場所」はとても大事です。

LED式撃退機は、ねずみが最も嫌がる場所にピンポイントで置くことができ、屋根裏であっても、起きたい場所に置けないというジレンマが起こりにくいグッズと言えます。

特におすすめの製品

LED式撃退機の中で、特におすすめの製品は「チューチュードロンパ」です。

LEDを利用したねずみ撃退器として特許が取得されています。

LEDを利用したねずみ撃退器として特許が取得

チューチュードロンパ
チューチュードロンパ

https://goo.gl/fJxgmp
※クリックすると公式のサイトが別ページで開きます。

商品名 チューチュードロンパ
数量 1個入り
値段 8,880円(税込)

屋根裏のねずみ駆除方法

屋根裏のねずみ駆除方法
それでは便利グッズを使った屋根裏のねずみ駆除方法を、順を追って説明します。

「全ての作業」を「順番」にすることによって、目に見えない屋根裏のねずみに極力対面しないで駆除することができます。

「侵入経路」を見つけ、「ねずみの餌を完全に片づけ」て飢餓状態にさせ、「便利グッズで屋根裏から追い出し」、「侵入経路を塞いで再来を防ぐ」という順番です。

【その1】侵入経路を見つけておく

屋根裏のねずみの駆除をするために、まず侵入経路を見つけなければなりません。

侵入経路がわからないまま駆除を進めても、また、新しいねずみがやってくるため、いたちごっこで意味がないからです。

ねずみが屋根裏にいるということは、必ず侵入口がどこかにあるはずです。

ねずみは、床下から屋根に至るまで、わずか1.5cmの隙間があればどこでもそれを侵入経路とします。

以下に、ねずみが侵入経路としそうな場所を図に表した資料がありますので、この図を参考にあなたの家にある「ねずみの侵入口となる隙間」を探してください。

ねずみの侵入口となる隙間

参照URL:東京都福祉局「都民のためのねずみ防除読本」より
https://goo.gl/UPPTpk

【その2】家の中の餌になり得るものを完全に片付ける

次に、家の中のねずみの餌になり得るものを完全に片づけましょう。

食べるものがなくなるため、ねずみを飢餓状態に導き、弱らせることができます。

ねずみの餌になってしまうもの

ねずみの餌になってしまうものは、非常にたくさんあります。

ねずみは、雑食性で何でも食べます。

「食品や生ごみ」はもちろん、「袋に入った食品」「石鹸」さえ食べてしまいます。

食品・生ごみ

ねずみは、あなたが食べている食品やその生ごみは何でも食べます。

人間の食べ物は、ねずみにとってごちそうです。

食べ終わった食事は必ず冷蔵庫や戸棚にしまってしっかり閉じてください。

生ごみも、蓋つきの容器に入れてやはり蓋をしっかりとしまうようにしてください。

袋やダンボールに入ったものもNG

食品をしまうときに、袋やダンボールに入れるのはNGです。

ねずみにとって「袋やダンボールを引きちぎる」なんて朝飯前なんです。

ねずみは、「げっ歯類」という「伸び続ける歯」を持っている動物なので、常に研いでいる包丁のように切れ味が抜群です。

袋やダンボールに入れてあるからといって安心しないで、必ず金属製の容器など「破れない容器」の中に食品をしまってください。

石鹸もかじられる

石鹸も置いておくと、ねずみにかじられることがあります。

ねずみが石鹸をかじるのは、食べているのではなく『歯を削るため』です。

固すぎず柔らかすぎない石鹸は、ねずみにとってちょうど良いのかもしれませんね。

ねずみがかじった石鹸は、病原菌がいっぱいついているので絶対に使わないでください。

石鹸も、かじられないような固い容器に入れて蓋をしっかり閉めるか、ハンドソープを使うようにしましょう。

ねずみの手の届かない収納

出来るだけねずみの手の届かないところに収納にするよう、いつも心掛けておくのは大切なことです。

「ねずみの手の届く場所は何でも被害に遭う可能性がある」、と考えておきましょう。

「蓋のできるゴミ箱」「プラスチックの衣装ケース」「強固なもので完全密封する」ことについて詳しく説明しますね。

ゴミ箱はきっちり蓋のできるもの

ゴミ箱は、「きっちり」蓋のできるものを使ってください。

蓋が少しでも空いていると、ゴミの匂いに誘われたねずみがこじ開けて入ってきます。

下記の商品は、フック付きなのでねずみから完全にゴミを守ることができます。

分別ごみ箱 スーパーカン角型60 中仕切分別
分別ごみ箱 スーパーカン角型60 中仕切分別

https://goo.gl/tzm7Yt
※クリックすると楽天ショッピングのサイトが別ページで開きます。

商品名 分別ごみ箱 スーパーカン角型60 中仕切分別
数量 1個入り
値段 1,980円(税込)
プラスチックの衣装ケースを使ってみる

食料品をしまう収納棚が限られている場合、プラスチックの衣装ケースを使うこともできます。

目的はもちろん服を入れるためではなく、食料を入れるためです。

食料が多い場合、下記のような積み重ねができるタイプの衣装ケースをオススメします。

衣装ケース BCチェスト
衣装ケース BCチェスト

https://goo.gl/n8DxDX
※クリックするとYahooショッピングのサイトが別ページで開きます。

商品名 衣装ケース BCチェスト
数量 3個セット
値段 2,780円(税込)
強固なものでの完全密封を心がける

調味料など毎日使うものも、強固なものでできるだけ完全密封を心がけてください。

お腹を空かせたねずみは、破れる可能性があるものなら何でも破こうとします。

完全密封ではなくても、下記の商品のようなねずみがかじられないような容器に毎日使うものを入れておきましょう。

保存容器(ガラス製)クッキージャー
保存容器(ガラス製)クッキージャー

※クリックするとYahooショッピングのサイトが別ページで開きます。
https://goo.gl/5R4S92

商品名 保存容器(ガラス製)クッキージャー
容量 3L用
値段 798円(税込)

【その3】屋根裏からねずみを追い出す

いよいよ、屋根裏からねずみを追い出す段階です。

あなたはねずみの侵入口を把握し、食料を断たせて弱らせていますので、ねずみを追い出す準備が整っています。

「超音波発生器」を使う場合と、「LED撃退機」を使う場合の二つの方法をステップで説明しますね。

※この他に、忌避剤を使った駆除方法もあります。

燻煙タイプの忌避剤(バルサン)を使った駆除法』や『【プロ認定】ねずみ駆除に効果的なスプレーの選び方と正しい使用方法』で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。

(1)超音波発生器を使う場合

超音波発生器を使う場合のポイントは、忌避剤との併用です。

「ねずみの鼻と耳」を同時に責めることで、単体では成しえない高い効果を発揮させることができます。

「超音波発生器の設置する場所」、「ねずみの嫌がる臭いを置く」「ねずみを追い出す」というステップで解説します。

ステップ1:超音波発生器を設置する場所を考える

超音波発生器は、「屋根裏」に設置してください。

超音波発生器は、「最低でも一部屋にひとつ以上」置く必要があります。

まれに、「これ1台で家のすべてのねずみを追い出す」という超音波発生器がありますが、根拠がありません。

なので、あなたの部屋に超音波発生器を置いても、あなたの部屋にしか効果がありません。

ねずみが逃げることができるように、侵入口付近に置かないことに注意して屋根裏に設置し、ねずみに「直接攻撃」するようにしましょう。

ステップ2:ねずみの嫌がる臭いを置く

ねずみの嫌がる臭いがする、トウガラシを置きましょう。

ねずみは、トウガラシの辛み成分である「カプサイシン」が大の苦手。

なので、ねずみ忌避剤(きひざい)の中にもトウガラシの成分を使ったものが販売されています。

例えば、下記のような商品です。

業務用防鼠塗料 ラット電W「ES」水性
業務用防鼠塗料 ラット電W「ES」水性

ラットデンW「ES」は、トウガラシの辛味成分をマイクロカプセル化し、これを均一に分散させた塗料で、鼠に齧られる恐れのあるものに塗るだけで、防鼠施工ができます。

「ラットデンW「ES」は、トウガラシの辛味成分をマイクロカプセル化し、これを均一に分散させた塗料で、鼠に齧られる恐れのあるものに塗るだけで、防鼠施工ができます。」

「業務用防鼠塗料 ラット電W「ES」水性」より
https://goo.gl/XxYk7b

このような市販されている商品を買わなくても、乾燥したトウガラシが忌避効果を発揮します。

忌避効果を上げるために、輪切りしたトウガラシを侵入口付近に置かないように注意しながら満遍(まんべん)なくおいてください。

※ネズミの嫌がる臭いは、トウガラシの他にヘビやキツネなどの天敵の匂い、ハッカやミントなどハーブの匂いなどがあります。

ステップ3:ねずみの足音が消えるかどうかに注意を払う

最後に、ねずみの足音が消えるかどうかに注意を払いましょう。

ねずみの足音が消えたら、すぐにステップ4に移らなければなりません。

「ねずみの足音がなくなった!」と安心してそのままにしていると、ねずみはすぐに戻ってきます。

もどってきたねずみは、すでに超音波発生器に慣れているので駆除効果がなくなります。

(2)LED式撃退器を使う場合

LED式撃退器を使う場合のポイントは、「粘着シート」との併用です。

粘着シートは、LED式撃退器と一緒に使うと驚くほど効果を発揮します。

ねずみの死体の処理をするのが気持ち悪いと思われるかもしれませんが、捕獲対象となるのは「子ねずみ」のみですので、サイズが小さい分精神的負担は少なくて済むでしょう。

「設置する場所を考える」「親ネズミを追い出す」「子ネズミを捕獲する」という順番で解説します。

ステップ1:LED式撃退器を設置する場所を考える

LED式撃退器は、「LEDの光をねずみに対面させる」ように置かなければなりません。

LEDの光をねずみが「直接」見ることによって、ねずみが『恐怖』に感じ退散する仕組みとなっています。

撃退器の下に、軽くもんでクシャクシャにしたアルミ箔を置くと、光が分散され効果がさらに強くなります。

また、撃退器2個をそれぞれお尻合わせにすると両方向からのねずみに光を当てることができますのでさらに効果的が上がります。

もし次のように置いてしまいますと、効果がなくなりますので注意して下さい。

効果がない置き方 効果がない理由 対処方法
LEDの光が床に届かない場所(台の上など) ねずみは床の隅を移動しています。 床に直接置いてください。
LEDを上向き、横向きにする ねずみの高さに合わせて設計されています。 商品ラベルが貼ってある面を上にして下さい。
効果がないのに置き続ける ねずみは同じ道を通り続けます。 効果がないならねずみの通り道ではない可能性がありますので、設置場所や向きを変えてください。
ステップ2:親ねずみを追い出す

LED式撃退器を使って、親ねずみを追い出しましょう。

LED式撃退器の光は、「ねずみの警戒心を刺激する器械」なので、警戒心の強い親ねずみは子供を見捨てて逃げていきます。

「あれ?LED式撃退器は、全てのねずみを追い出すことはできないの?」
と思うかもしれません。

しかし、警戒心が強く粘着シートにかかりづらい親ねずみはすべて追い出すことができ、残ったねずみは「特定の種類のねずみ」のみです。

そのねずみとは、「警戒心が弱く好奇心の強い子ねずみ」です。

この子ネズミだけを残すことが、LED式撃退器のねらいです。

ステップ3:子ねずみを粘着シートで捕獲する

LED式撃退器で、親ねずみを追い出したら好奇心の強い子ねずみを粘着シートで捕獲しましょう。

子ねずみは、「警戒心が弱く」、「好奇心が強く」、「体重が軽い」ので面白いほど粘着シートにかかります。

言い換えると、「LED式撃退器で効果のないねずみはそれだけ粘着シートにかかりやすいねずみ」といえます。

全く対面したくない人は超音波発生器、徹底的に駆除したい人はLED式撃退器

超音波発生器はねずみと全く対面したくない人が、LED式撃退器は、ねずみを徹底的に駆除したい人におすすめです。

それぞれの器械には、メリットがありますが、同時にデメリットもあります。

メリット・デメリットは以下の通りです。

便利グッズ 特徴 メリット デメリット
超音波発生器 ねずみにしか聞こえない不快な音を出す。 ねずみと全く対面することなく撃退できる 音に慣れてしまいやすいので、一度追い出してもすぐに戻ってくる
LED式撃退器 ねずみの警戒心を刺激する光を出す。 刺激しているのは警戒心なので、慣れづらく戻ってくることはあまりない。 子ねずみを捕獲して、死体の処理をしなければならない。

【その4】見つけておいた侵入経路を塞いで再来を防ぐ

最後に、見つけておいた侵入経路を塞いで「再来を防ぎ」ましょう。

屋根裏のねずみの足音がなくなったからといって、ねずみが自分の部屋をあきらめたわけではありません。

一時的に非難して、「様子見」をしているだけです。

そして、超音波発生器やLED式撃退器が自分に被害を与えないとわかったなら再び住み着いてしまうかもしれません。

下記のようなグッズを使って、隙間を完全に埋めておきましょう。

アサヒペン カップセメント(税込323円)
アサヒペン カップセメント

※クリックすると楽天の商品ページが別ページで開きます。
https://goo.gl/7WN1kT

カップセメントはどんな隙間でも、埋めることができます。

壁の割れ目や隙間など、ねずみの侵入口となりそうな「わずかな隙間」をすべて埋めてください。

亀甲金網 黒ビニール皮膜(税込731円)
亀甲金網 黒ビニール皮膜

※クリックすると楽天の商品ページが別ページで開きます。
https://goo.gl/KPrz9z

亀甲金網 黒ビニール皮膜は、子供のねずみさえ入ることができないように、「隙間が1mm」しかありません。

セメントでは埋められないような、「大きな隙間」に使ってください。

業者に依頼した時の相場料金

業者に依頼した時の相場料金
業者に依頼することを決めた場合、相場料金を知っておく必要があります。

相場を知らないと、ぼったくり被害に遭っているのに「こんなものか」と気づかないまま騙されてしまうかもしれません。

「害虫専門駆除業者」と「便利屋」それぞれの費用相場を紹介します。

害虫駆除専門業者の場合

害虫駆除専門業者の場合、下記のような費用相場となっています。

タイプ 費用相場
ワンルームマンション 30,000円
一軒家(40坪)の場合 18,000円
集合住宅(全部) 300,000円~

上記の料金は、ねずみ駆除の基本料金に加えて、消毒・清掃費、侵入経路遮断工事費、駆除後にねずみが再び現れた場合の無料のアフターサポートなどが含まれています。

便利屋さんの場合

便利屋さんの場合、10,000円~など破格の料金で駆除してくれるところもあります。

しかし、極端に費用が安い駆除は、捕獲器や粘着シートを設置して回収するだけという素人でもできそうな作業しかしない場合がほとんどです。

格安業者は、アフターサポートもありません。

一方、専門駆除業者顔負けの駆除をしてくれる便利屋もありますが、値段もやはり同程度請求されるでしょう。

信頼できる駆除業者

信頼できる駆除業者についてさらに知りたい方は、「言い値に騙されるな!損する前に知っておきたいねずみ駆除相場」にさらに詳しい情報が載せられていますので、ぜひご覧ください。

まとめ

屋根裏にいるねずみを駆除する方法について説明しましたが、いかがだったでしょうか。

【屋根裏のねずみを駆除するコツ】

  • 屋根裏に侵入したねずみは、なるべく早く、「追い出し」で対処し、その後侵入を防ぐという方法をとらなければならない。
  • 「ねずみの餌になるものを完全に片付ける」と同時に「効果のある駆除グッズを用いて追い出す」ことで、完全に屋根裏のねずみ駆除に成功できる。

【殺すのではなく、弱らせて追い出す理由と根拠】

  • ねずみは繁殖能力が非常に高いので、殺す駆除では追いつかない。
  • 屋根裏の見えないところで仮に殺す駆除に成功しても、二次被害に遭ってしまう。
  • ねずみは、数日食料がないだけで飢餓状態に陥るため、弱らせた状態で追い出しグッズを使うことで、効果を最も発揮させることができる。

【具体的な駆除方法】

  • 餌になり得るものは完全に片づけた後、便利グッズを使ってねずみを追い出し、あらかじめ見つけておいた侵入経路を塞ぐ。
  • 屋根裏のねずみ駆除に効果のあるグッズは、「超音波発生器」か「LED式撃退器」
  • 業者に依頼した時の相場料金はワンルームマンションで30、000円、一軒家で18万円。

目に見えない屋根裏に住んでいるネズミを駆除する方法がご理解いただけたと思います。

また今回は、便利グッズを使ったふたつの方法と、業者の適正な依頼料金がわかったので選択方法も広がったはずです。

さて、私たちは先の見えない不安に恐怖に似た感情を抱くものです。

しかし、あなたが自分で駆除する方法を身に着けましたので、もう先は見えています。

あなたは、ねずみを駆除することができます。

もう今後、ねずみの足音が聞こえても不安に感じることはありません。

あなたや、あなたの家族がねずみに怯えることなく安心して生活できることを心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

専門スタッフによる相談窓口
※2営業日以内に返信します。
専門スタッフの相談窓口
※2営業日以内に返信します。