屋根裏のねずみ駆除に揃えておきたいグッズと確実な駆除方法

早く、確実に!屋根裏のねずみを駆除する方法

「屋根裏のねずみを早く駆除したい!」「でも、出来るだけ費用を抑えたい、、、」我が家の屋根裏にねずみが出没したら、誰もがこう考えますよね。でも、一方で「費用を抑えたら、効果が表れなくなってしまわないだろうか…」という不安を持たれるかもしれません。

そこで今回の記事では、屋根裏のねずみ駆除の最も効果的な方法と便利グッズ~自力駆除、駆除業者の料金相場のすべてを紹介します。

紹介する通りに実践してもらえれば、あなたでも安くそして確実にねずみを追い出すことができますので、あなたの心的負担は確実に軽減されます。今後ねずみの被害に遭っても、悩むことがない適切な対策方法が身につきます。ぜひ、最後までお読みくださいね。


1 殺さずに「追い出す」のが鉄則

「追い出す駆除」は、ねずみを探し出して殺す必要がありませんので効率的でメリットも多いです。

普段行くことのない屋根裏に入って、狭い中でねずみを駆除するのはとても難しいですし、仮に駆除できてもデメリットの方が多くなり手間です。屋根裏のねずみは『追い出し』ましょう。

屋根裏で殺すと死体からイエダニが部屋になだれ込んでくる

ねずみが死ぬと、寄生していた大量のイエダニが、あなたの部屋になだれ込んできますので、すぐに死体の処理をしなければいけませんが、その作業も屋根裏では非常に困難です。

トラップの確認や死骸の捜索に手間が手間がかかる

台所など設置しやすく確認しやすい場所と異なり、屋根裏では「トラップにねずみはかかったか?」「どこで死んでいるか?」を確認するのが非常に大変です。

殺す駆除グッズの中には、「殺鼠剤(さっそざい)」「粘着シート」「捕獲器」などがありますが、屋根裏に仕掛けると、駆除完了までに、何度も狭い屋根裏へあがって駆除状況を確認する必要があるんです。

駆除グッズ 設置した後の処理
殺鼠剤 ねずみの死体を見つけるのが難しい
粘着シート ねずみが罠にかかったかどうか定期的に屋根裏に行かなければならない。
捕獲器 ねずみが罠にかかったかどうか定期的に屋根裏に行かなければならない。
罠にかかってすぐに死ぬこともあるので頻繁に罠の確認にいかないと二次被害が起きる。

プロでもかなりの手間をかけるため、素人が行うと更に手間がかかってしまうでしょう。


2 「弱らせる」と「追い打ちをかける」で完全駆除できる

後々手間のかかるトラップを使って殺さなくても「ダブルアタック(弱らせる+追い打ちをかける)」で完全駆除(=家から追い出す)が可能でう。

(1)飢餓状態にさせて弱らせる

習性であり弱点である『食料を与えない』ことで、ねずみを飢餓(きが)状態にさせて弱らせましょう。飢餓状態にすれば、ねずみのほうから「この家を出たい…」と思うようになります。

戦国時代で例えるなら「兵糧攻め」というやつです。難しく感じるかもしれませんが、実はとても『簡単』です。あなたの家に、餌となるものがなければねずみはすぐに飢餓状態になります。

飢餓に弱いネズミの習性
ねずみは、活動時間のほとんどを「捕食」に費やしているため常に食べ続けていないと、ねずみは弱って死んでしまうんです。一般的なねずみであれば寒ければ1日以内、暖かければ4~5日で餓死します。

兵糧攻め
敵の食糧補給路を断ち、兵糧を欠乏させることによって打ち負かす攻め方。食(じき)攻め。

引用:https://goo.gl/brqpuU

(2)便利グッズで追い打ちをかける

飢餓状態にさせて弱らせたら、便利グッズで追い打ちをかけましょう。自分の巣の周りに「食べる物がなくて弱っている」ところに、便利グッズで「不快に感じ」させるのです。

こんな家には、すぐに出ていきたいと思うようになりますよね。「屋根裏からねずみを追い出す」の部分で、ねずみを不快に感じさせる『2つの便利グッズ』とその『使い方』を紹介します。


3 屋根裏ねずみに特化したおすすめのグッズ4種類

屋根裏のねずみ駆除に効果のあるグッズは、「超音波発生器」「塗料忌避剤」「LED式撃退器」です。

これらグッズは、「狭いところでも簡単に使用」でき、「一度取り付けたら効果がしばらく持続」しますので、短期間に何度もメンテナンスする頻度も省けます。

全く対面したくないなら超音波発生器、徹底的に駆除したい人はLED式撃退器

超音波発生器はねずみと全く対面したくない人が、LED式撃退器は、ねずみを徹底的に駆除したい人におすすめです。それぞれの器械には、メリットがありますが、同時にデメリットもあります。メリット・デメリットは以下の通りです。

便利グッズ 超音波発生器 LED式撃退器
特徴 ねずみにしか聞こえない不快な音を出す。 ねずみの警戒心を刺激する光を出す。
メリット ねずみと全く対面することなく撃退できる 刺激しているのは警戒心なので、慣れづらく戻ってくることはあまりない。
デメリット 音に慣れてしまいやすいので、一度追い出してもすぐに戻ってくる 子ねずみを捕獲して、死体の処理をしなければならない。

 

超音波発生器

超音波発生器は、人間が聞こえない『音』でねずみに不快感を与え続ける器械です。「設置するだけで、後の処理が必要ではない」ので屋根裏には有効です。

人間とねずみとでは、「聞こえる周波数」が違い、人間が聞こえる周波数は20hz(ヘルツ)~20khz(キロヘルツ)ですが、超音波発生器は20khz以上の周波数を使っています。

一度設置すれば、基本的には半永久的に使うことができるので、何度も狭い屋根裏に昇る必要はありません。

「ねずみが周波数に慣れてしまわない」ように、定期的に周波数を変えるなどの工夫がされたオススメの商品は次の3つです。

最大限効果を発揮する超音波発生器の使い方

4ステップで、屋根裏の平和を取り戻すことができますよ。

【ステップ1】侵入経路を見つけておく
  • 侵入経路がわからないまま駆除を進めても、追い出した後にまた新しいねずみがやってきて、終わらないイタチごっこになります。
【ステップ2】超音波発生器の設置
  • 最低でも一部屋に一つ以上置きましょう。
  • 設置箇所は各部屋の屋根裏です。
  • ねずみが逃げ出せるように、侵入口付近への設置は避けましょう。
【ステップ3】塗料忌避剤を逃げ込みすい場所へ
  • オススメした塗料忌避剤を侵入口とは真逆の位置へ塗り、奥へ逃げ込まれないようにしましょう。
  • トウガラシの辛み成分である「カプサイシン」が大の苦手なので、万が一市販されている商品を使わない場合は、乾燥したトウガラシ代用しましょう。その場合は、忌避効果を上げるために、輪切りしたトウガラシを侵おいてください。

※ネズミの嫌がる臭いは、トウガラシの他にヘビやキツネなどの天敵の匂い、ハッカやミントなどハーブの匂いなどがあります。

【ステップ4】頭上から足音が消えるかどうかに注意を払う
  • 最後に、ねずみの足音が消えるかどうかに注意を払いましょう。

  • 足音が消えたら、すぐに予防策に移らなければなりません。「足音がなくなった!」と安心してそのままにしていると、すぐに戻ってきてしまいます。
    ※戻ってきたねずみは、すでに超音波発生器に慣れているので駆除効果がなくなっている可能性が高く、駆除が難しくなってしまっています。

塗料忌避剤

塗料忌避剤は、超音波発生器と併用することで「ねずみの鼻と耳」を同時に責め、グッズ単体では成しえない高い効果を発揮させることができます。

オススメの塗料忌避剤は次の商品です。


ネズミに電線を齧らせない塗料 業務用防鼠塗料 ラットデンW 水性 4kg 鼠対策 【送料無料】

LED式撃退器

 

粘着シート

粘着シートは、LED式撃退器と併用することで驚くほど効果を発揮します。
おすすめの商品は次の通りです。

 

最大限効果を発揮するLED式撃退器の使い方

粘着シートでとらえるのは、「子ねずみ」のみですので、サイズが小さい分精神的負担は少なくて済むはずです。

【ステップ1】侵入経路を見つけておく
  • 侵入経路がわからないまま駆除を進めても、追い出した後にまた新しいねずみがやってきて、終わらないイタチごっこになります。
【ステップ2】LED式撃退器を設置

  • LEDの光をねずみが「直接」見ることによって、ねずみが『恐怖』に感じ退散する仕組みとなっていますので、「LEDの光をねずみに対面させる」ように置きましょう。
  • 撃退器の下に、軽くもんでクシャクシャにしたアルミ箔を置くと、光が分散され効果がさらに強くなります。
  • また、撃退器2個をそれぞれお尻合わせにすると両方向からのねずみに光を当てることができますのでさらに効果的が上がります。

    もし次のように置いてしまいますと、効果がなくなりますので注意して下さい。

    効果がない置き方 効果がない理由 対処方法
    LEDの光が床に届かない場所(台の上など) ねずみは床の隅を移動しています。 床に直接置いてください。
    LEDを上向き、横向きにする ねずみの高さに合わせて設計されています。 商品ラベルが貼ってある面を上にして下さい。
    効果がないのに置き続ける ねずみは同じ道を通り続けます。 効果がないならねずみの通り道ではない可能性がありますので、設置場所や向きを変えてください。
【ステップ3】親ねずみを追い出す

  • LED式撃退器を使って、親ねずみを追い出します。
  • LED式撃退器の光は、「ねずみの警戒心を刺激する器械」なので、警戒心の強い親ねずみは子供を見捨てて逃げていきます。警戒心が強く粘着シートにかかりづらい親ねずみはすべて追い出すことができます。
  • 残ったねずみは「警戒心が弱く好奇心の強い子ねずみ」だけです。この子ネズミだけを残すことが、LED式撃退器のねらいです。
【ステップ4】ねずみを粘着シートで捕獲
  • 粘着シートは、「ただ設置するだけでは効力が薄い」ので、効力を高めるためには、まず「ねずみが普段どこを通っているか」とを把握し、通り道に隙間なくびっしり設置しましょう。
  • 子ねずみは、警戒心が弱く・好奇心が強く・体重が軽いので「LED式撃退器で効果のないねずみはそれだけ粘着シートにかかりやすいねずみ」であり、面白いほど粘着シートにかかります。

※警戒心が強く運動神経が高いので、「粘着シート」に気づいたらそれを避けて通ったり、やすやすと飛び越えてしまったりします。
また、粘着シートは、1,2歩では動けなくなるほど強力なわけではありません。
ネズミの足には、「ほこり」や「油汚れ」がたくさんついていますので、1枚の粘着シートの上を通ったとしても、うまくくっつかずに逃げられてしまいます。

これで、駆除か完了です!


3 駆除効果をさらに高める2つのポイント

より対策効果を強めるために、「家からエサになるものを排除」「ねずみに隙を見せない収納」という2つのポイントを大切にしましょう。

ポイント1:家からエサになるものを排除

家の中のねずみの餌になり得るものを完全に片づけましょう。飢餓状態に導き、弱らせるスピードをあげることができます。

雑食性で何でも食べ、段ボールや袋は簡単に穴をあけるので、「食品や生ごみ」はもちろん、「袋やダンボールに入った食品」「石鹸」なども排除してください。

以下で注意点をまとめます。

食品・生ごみはしっかり閉じる
食べ終わった食事は必ず冷蔵庫や戸棚にしまってしっかり閉じてください。生ごみも、蓋つきの容器に入れてやはり蓋をしっかりとしまうようにしてください。
袋やダンボールに入れるのはNGです。ねずみにとって「袋やダンボールを引きちぎる」なんて朝飯前なんです。
ねずみは、「げっ歯類」という「伸び続ける歯」を持っている動物なので、常に研いでいる包丁のように切れ味が抜群です。
歯を削るためのグッズにも注意する
石鹸、段ボールなどはねずみが『歯を削るため』に利用します。ねずみがかじった石鹸は、病原菌がいっぱいついているので絶対に使わないでください。石鹸も、かじられないような固い容器に入れて蓋をしっかり閉めるか、ハンドソープを使うようにしましょう。

ポイント2:ねずみに隙を見せない収納

出来るだけねずみの手の届かないところに収納するよう、心掛けておくことが大切です。「ねずみの手の届く場所は何でも被害に遭う可能性がある」と考えておきましょう。

収納のコツを3つ以下に紹介します。

ゴミ箱はきっちり蓋のできるものを使用する

ゴミ箱は、「きっちり」蓋のできるものを使ってください。蓋が少しでも空いていると、ゴミの匂いに誘われたねずみがこじ開けて入ってきます。下記の商品は、フック付きなのでねずみから完全にゴミを守ることができます。

プラスチックの衣装ケースを使う

食料品をしまう収納棚が限られている場合、プラスチックの衣装ケースを使うこともできます。目的はもちろん服を入れるためではなく、食料を入れるためです。食料が多い場合、下記のような積み重ねができるタイプの衣装ケースをオススメします。

強固なものでの完全密封を心がける

調味料など毎日使うものも、強固なものでできるだけ完全密封を心がけてください。お腹を空かせたねずみは、破れる可能性があるものなら何でも破こうとします。完全密封ではなくても、下記の商品のようなねずみがかじられないような容器に毎日使うものを入れておきましょう。


2度と被害に遭わないための予防方法

駆除が終わったら、再びあなたの家にねずみが入らないよう、予防を行いましょう。事前に見つけておいた侵入経路を塞いで「再来を防ぎ」ます。

屋根裏で足音がなくなったからといって、ねずみが自分の住み家をあきらめたわけではありません。一時的に非難して、「様子見」をしているだけの可能性が高いんです。そのためにも、入って来られないように対策していきましょう。

オススメの予防策グッズ

次のグッズを使って、隙間を完全に埋めておきましょう。

(1)CUPセメント

カップセメントはどんな隙間でも、埋めることができますが、特に壁の割れ目や隙間など、「わずかな隙間」を埋めるのに最適です。

 

(2)亀甲金網 黒ビニール皮膜

亀甲金網 黒ビニール皮膜は、「隙間が1mm」しかありません。これなら、子供のねずみさえ入ることができませんので、安心です。セメントでは埋められないような、「大きな隙間」に使ってください。

 

侵入経路の見つけ方

ねずみが侵入経路としそうな場所を図に表した資料がありますので、この図を参考にあなたの家にある「ねずみの侵入口となる隙間」を探してください。見つけたら、先述した予防策グッズで隙間を塞いでしまいましょう。 

ねずみの侵入口となる隙間参照URL:https://goo.gl/UPPTpk


7 業者に依頼した時の料金相場

業者に依頼することを決めた場合、相場料金を知っておく必要があります。相場を知らないと、ぼったくり被害に遭っているのに「こんなものか」と気づかないまま騙されてしまうかもしれません。「害虫専門駆除業者」と「便利屋」それぞれの費用相場を紹介します。

害虫駆除専門業者の場合

害虫駆除専門業者の場合、下記のような費用相場となっています。

タイプ 費用相場
ワンルームマンション 30,000円
一軒家(40坪)の場合 18,000円
集合住宅(全部) 300,000円~

上記の料金は、ねずみ駆除の基本料金に加えて、消毒・清掃費、侵入経路遮断工事費、駆除後にねずみが再び現れた場合の無料のアフターサポートなどが含まれています。

便利屋さんの場合

便利屋さんの場合、10,000円~など破格の料金で駆除してくれるところもあります。しかし、極端に費用が安い駆除は、捕獲器や粘着シートを設置して回収するだけという素人でもできそうな作業しかしない場合がほとんどです。

格安業者は、アフターサポートもありません。一方、専門駆除業者顔負けの駆除をしてくれる便利屋もありますが、値段もやはり同程度請求されるでしょう。

なお、「言い値に騙されるな!損する前に知っておきたいねずみ駆除相場」ではさらに詳しい料金相場を掲載していますので合わせてお読みください。


まとめ

屋根裏にいるねずみを駆除はグッズ選びにさえ間違わなければ、自力でも完全駆除は可能です。もう今後、ねずみの足音が聞こえても不安に感じることはありません。

あなたや、あなたの家族がねずみに怯えることなく安心して生活できることを心より願っています。

クジョカツ厳選のネズミ駆除業者を無料で紹介

クジョカツが厳選した「あなたの条件に見合ったオススメのネズミ駆除業者」を無料で紹介します。

  • ワンシーズン保証付き!
  • 専門知識で駆除後のアドバイスが無料で受けられる。
  • 夜間、土日も迅速対応可能!

おおよその料金相場は以下の通りです。

100,000円~250,000円。

また、クジョカツを通じて行った作業には全て「賠償責任保証」を付けておりますので、作業中に「モノを破損させた」「怪我をしてしまった」などの事故が発生した場合、全て補償します。