プロが伝授!土のような蜂の巣は放置?駆除? 効果的な対処法

プロが伝授!土のような蜂の巣は放置?駆除? 効果的な対処法

久しぶりの休日、ゆっくり昼寝でもしよう~とブランチを食べて、2階に上がったところ、よく見ると窓の上に黒っぽいものを発見。

窓から身を乗り出して、屋根の下を見てみると、何やら土のカタマリで巣のようなものが。
これは何の巣だろうか…。

蜂の巣だったら、怖いな、駆除した方がいいのかな、というかせっかくの休日、悩ませないでよ~と感じている方、必見ですよ。

そもそも、この土のカタマリの正体が何なのか、気になりますよね。

今回の記事では、土のかたまりの正体を明かすとともに、この土のかたまりが危険かどうか、また危険だった場合、どのように対処したらいいのかを詳らかにします。

気になっている方は、最後まで必ず読んでくださいね。


1 土のような巣、土の中に巣を作る蜂の種類

土のような巣、土の中に巣を作る蜂の種類
土のような巣の多くは、ドロバチという黒っぽい、お腹に黄色の2本線がある蜂の巣です。土の中に巣を作る蜂は、多くの場合スズメバチの中でも最も危険なオオスズメバチの巣です。

ただヒメスズメバチやモンスズメバチなど、閉鎖空間に巣を作るスズメバチも、土の中の空間を使い、営巣を行う場合もあります。

ドロバチ:土のような巣を作る蜂

ドロバチの巣
土のような泥のような巣を作るのは、ほとんどの場合ドロバチの仕業です。

ただし、ドロバチは大人しく、基本的には害がないので放っておいても大丈夫です。

巣の中には蜂の卵があり、卵が孵化した後の幼虫の食料として、青虫が入っています。幼虫が青虫を食べ、成虫となり、飛び立ったらその巣はもう用済みとなります。

オオスズメバチ:土の中に巣を作る蜂

オオスズメバチの巣
オオスズメバチは、土の中に巣を作ることが圧倒的に多いのです。ヒメスズメバチやモンスズメバチも土の中に巣を作る場合もありますが、やはり多くはオオスズメバチの巣と思ってもいいでしょう。

オオスズメバチの巣は、外壁が薄く、だいたい底が抜けた形をしています。

オオスズメバチは、土の中に巣を作った場合、巣が大きくなって空隙いっぱいになってくると土を掘って巣を拡張し始めます。

その直径は30cmほどまでになります。そこまで大きくなったらかなり危険です。

なぜなら巣の中に、数百匹のオオスズメバチが潜んでいるからです。

オオススメバチの蜂の巣は、土の中にあるため、見つけづらいです。
また、オオスズメバチ自体かなり凶暴なため、いつの間にか巣に近づいていて、刺されてしまうことも少なくありません。

さらに詳しいオオスズメバチの情報は、『素人でも安全にオオスズメバチを駆除する方法~予防策までの全て』で解説していますので参考にしてみてください。


2 蜂が巣を作る場所

(1)ドロバチの巣

天井裏や屋根裏、またはベランダ等にも巣を作ります。

(2)スズメバチの巣

家の軒下、天井裏、屋根裏、床下、樹木、生け垣、土の中等に巣を作ります。
土の中の場合、多くの場合はオオスズメバチの巣です。

(3)アシナガバチの巣

庭の木、ベランダ、玄関先、室外機、物置等に作ります。

(4)ミツバチの巣

木の洞、穴、岩の間、石垣、生け垣、植え込み、屋根裏、床下等、基本的には閉鎖的な空間で巣を作ります。


3 土で出来た巣は駆除した方がいいのか?放置が安全?

ドロバチの巣は放置しても安全

ドロバチの巣の場合、巣を駆除する必要はありません。
攻撃してくることもほぼないので、放っておいても大丈夫です。

オオスズメバチの巣は危険

オオスズメバチの場合、人と接触する可能性が高い場所に巣があるのなら、駆除をおすすめします。
ですが、自力で行うのではなく、必ず自治体や業者に相談しましょう。

凶暴で攻撃性が高いため、蜂の駆除の際、集団で襲い掛かってきます。
素人がオオスズメバチを駆除するのは非常に危険ですのでやめましょう。


4 オオスズメバチの巣なら自力駆除はやめておこう!

オオスズメバチの巣
上記のような巣であれば「オオスズメバチの巣」なので自力での駆除はやめましょう。プロでもオオススメバチの駆除を行わない人もいます。

やむを得ず自力で駆除するしかない場合、あまりお勧めしませんが、蜂の活動が弱まる夜に巣を焼き討ちしてしまう方法もあります。詳しくは、『蜂退治に効果的な時間帯や天候(リスクが下がる時間帯)』をご覧ください。

やるのであれば必ず消火器を準備し、完全に安全な状態で行ってくださいね。

ドロバチなのかオオスズメバチのなのか確信が持てない、という時はプロに相談して調査してもらうのがオススメです。もしドロバチなら放置でも大丈夫ですが、オオスズメバチならそのまま駆除の相談をしてもらうほうがいいといえます。

オススメの業者については『蜂の巣駆除業者ランキング2018年版~オススメの蜂の巣駆除業者3選』で解説していますので、無料調査を依頼する際は参考にしてみてくださいね。


まとめ

いかがだったでしょうか。
土のような泥のような巣を作る蜂は、ドロバチで、天井裏や屋根裏、ベランダ等に巣を作ります。

土の中に巣を作る蜂は、オオスズメバチで、樹木や土の中に巣を作ります。
ドロバチは安全な蜂なので、あえて巣を駆除する必要はありません。

ですが、オオスズメバチの巣は見つけ次第、人と接触するような場所にあれば、駆除しましょう。
駆除は、自治体や業者に依頼することをお勧めします。

クジョカツ厳選の蜂駆除業者を無料で紹介

クジョカツが厳選した「あなたの条件に見合ったオススメの蜂駆除業者」を無料で紹介します。

  • ワンシーズン保証付き!
  • 専門知識で駆除後のアドバイスが無料で受けられる。
  • 夜間、土日も迅速対応可能!

おおよその料金は以下の通りです。

スズメバチ…25,000円~
アシナガバチ…16,000円~
ミツバチ…要見積り

※高所作業などは別途お見積りいたします。

また、クジョカツを通じて行った作業には全て「賠償責任保証」を付けておりますので、作業中に「モノを破損させた」「怪我をしてしまった」などの事故が発生した場合、全て補償します。